<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 鉄砲水で観光客ら37人死亡
昼頃、ヤフーニュースで「鉄砲水で、観光客ら37人死亡…タイ南部」の見出しを見て、どんな威力の水鉄砲だよ!と思ったのはあたしだけではないはずだ。折しもタイはソンクーラン(水かけ祭り)の頃。の、はず。かつて目黒で行われていたソンクーランに行き、見知らぬタイ人たちに水鉄砲で攻撃を受けたことを思い出した。水風船投げたりしたっけ?あんまり覚えてない。そのソンクーランの水鉄砲かと思ったのだが、鉄砲水。死者37人のうち13人は家族で遊びに来ていた子どもたちだったそうだ。心よりご冥福をお祈りします。

今年もいよいよタイフェスティバルが近づいてきた(5/13・14)。ここ2年は売り子だったあたしも、今年は何も売らない。一昨年、あたしが働いている店を一眼レフを持ったayanoちゃんが覗き「あれ?ayanoちゃんでは?」と思ったらスッと行ってしまったんだったなあ。こちらもお客さんの応対でバタバタしていて声をかけられなかったんだけど、あれが数年ぶりの再会(こちらからの一方的な)で、連絡をつけて今にいたる。フシギなもんだ。昨年のタイフェスティバルの1日目は雨が降っていた。店番が終わった後、ayanoちゃんと待ち合わせ、理不尽に呼び出された(?)ayanoちゃんの友人と3人で若冲を見に行ったのだ。

タイフェスティバルにいると、たまにタイ語で話しかけられる。タイ語はわからないので、英語で「あたしは日本人でタイ語はわからない」と答える。で、「あなたは日本にどのくらいいるの?」と尋ねると、日本語で「僕も日本人です」と言われたりして大笑いしたり。人はやたら多いし、妙に奇妙な空気なんだよな。タイフェスティバルって。
| comments(3) | trackbacks(0) | 02:26 | category: 国際事情… |
# ホーキング、宇宙へ行く。
今日はいろんなビッグニュースがあった。
朝青龍に土が着いたこと。
工藤の移籍が発表されたこと。
防衛庁が防衛省になってしまったこと。

でも一番のニュースは、
ホーキング博士が宇宙へ行くかもしれないこと。

ホーキング博士のゼロ重力飛行が見たい。
宇宙服はどうなるんだろう?
車椅子ごと宇宙船の中をフワフワ飛ぶのだろうか。
興味は尽きない。博士、行ってくれ。
でも、乙武くんは宇宙へ行かなくていいと思う。

ホーキングといえば、妻からDVを受けていたっけ。
あの件はホーキングが妻をかばった形でフェイドアウトしたけど、
(そもそも大してブレイクしたニュースでもなかった)
真相はどうだったのかなあ。あの時はなんだかとっても哀しかったな。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:20 | category: 国際事情… |
# X線写真で見る、直腸の中の携帯
事件としてはありそうな話なんだけど、
なんだか妙にこの写真が好きだ。


[サンサルバドル 6日 ロイター] エルサルバドルの刑務所で6日、囚人4人が携帯電話を直腸の中に隠し持っていたことが明らかになった。刑務所関係者が語った。
 4人はいずれも同じ凶悪グループのメンバーで、携帯電話と充電器などをビニールに包んで直腸内に隠し、それら携帯電話を通じ刑務所内から指示を出し外部での犯罪に関与していたという。
 このザカテコルカ刑務所は、エルサルバドルの首都サンサルバドルから東に約60キロ離れた場所にあり、現在337人を収監。厳重な警備で有名だった米カリフォルニア州のアルカトラズ刑務所をもじり「ザルカトラズ」とも呼ばれている。
(ロイター) - 9月8日13時12分更新
| comments(3) | trackbacks(0) | 13:25 | category: 国際事情… |
# 「7人のこびと」が醸し出す不気味さ
冥王星が惑星から降格になったのは、ホントにさみしい。そこへ飛び込んできた意味不明なニュース。プルートが7人のこびとの仲間に加わるってこと?連帯って何?

小さい頃、白雪姫と手をつなぎ、7人のこびとに囲まれて、黄色い花畑を歩いたことがある。もちろん夢の中での話。とくに好きな話でもなかったのに、なんであんな夢を見たんだろうと、幼稚園児ながら不思議だった。そのうち怖くなってきた。冷静に考えると7人のこびとって結構不気味。なんというか、なんかゾッとするものがある。精霊だからなのか?そして、今回のニュースで「声明は『こびと』たちが、矮小惑星に格下げされたことを不満として、プルートへの連帯を表明する内容。」というのを読み、余計に怖くなってきた。声明を発表し、連帯を表明するこびと。

この不気味さは、ネズミーランドに抱く恐怖感や不気味さと、密接にリンクしているのではないかと思う。

ディズニー「7人のこびと」、冥王星降格に不満の声明

【ロサンゼルス=古沢由紀子】国際天文学連合によって冥王星が惑星から矮小(わいしょう)(ドワーフ)惑星に降格されたことを受けて、「白雪姫と7人のこびと」のキャラクターの「こびと(ドワーフ)」たちが24日、声明を出し、「ミッキーマウス」の忠犬、プルート(冥王(めいおう)星の意)を自分たちの仲間に迎え入れる用意がある、と発表した。
 ディズニー社によると、犬のプルートは冥王星が9つ目の惑星として発見された1930年に誕生したキャラクター。
 声明は「こびと」たちが、矮小惑星に格下げされたことを不満として、プルートへの連帯を表明する内容。
 ディズニーのアニメで今後、忠犬プルートが実際にこびとの仲間に加わるかどうかは明らかでない。(読売新聞)
| comments(2) | trackbacks(2) | 21:21 | category: 国際事情… |
# 空耳国歌って流行ってんの?
gooのトップページを見ていたら、注目ワードに“空耳国歌”と出ていたんで、クリックしてみたら、リビア国歌に関するページがいっぱいでてきた。リビア国歌が空耳国歌らしい。いくつか検索された先を見たのだが、全部2ちゃん関連なのか。すごい流行ってるの、これ?でも面白かった。1回しか聴いてないのに「あんぱーんはあんぱん!」と「ブールマー(・∀・)イイ!」が頭から離れない…。音源はこちら

あんぱーんはあんぱん!あんぱーんはあん!ぱん!
ここはあんぱんとった敵もあたり!ここは林檎食って逮捕はあり!
あんぱんをあんぱんといった敵もあたり!あんぱんと林檎ン食って逮捕はあり!
アラビアは軽量入って太平渡り!蕨ーは胸張ってあたりあり!
ブールマー(・∀・)イイ!ブールマー(・∀・)イイ!
あぼーんあぼーんあぼーんだ、あっぼーん!
あぼーん!あぼーん!はいもう当たり!

あんぱーんはあんぱん!あんぱーんはあん!ぱん!
京成に一人矢野、検閲はないっ!京成ったら端から焼きますたい!
京成に一人矢野、敬礼はないっ!京成ったら端から焼きますたい!
伊佐美、トンファー売って、封は見たーリ〜!やり方なんにしようかはっきりしない!
ブールマー(・∀・)イイ!ブールマー(・∀・)イイ!
あぼーんあぼーんあぼーんだ、あっぼーん!
あぼーん!あぼーん!はいもう当たり!

(間奏)

あんぱーんはあんぱん!あんぱーんはあん!ぱん!
ブルマいらぬわいと隠語、黙り!あんぱんのおかずだってみんながスリ!
ブルマいらぬわいと隠語、黙り!あんぱんのおかずだってみんながスリ!
あんぱんとあとたこ焼き、ヤギが好き〜!おにぎーり、あと焼き芋、岩たん好き!
ブールマー(・∀・)イイ!ブールマー(・∀・)イイ!
あぼーんあぼーんあぼーんだ、あっぼーん!あぼーん!あぼーん!はいもう当たり!


まあ、昨日も載せたけど(ライスの写真参照)、風刺画問題に心を痛めています。あたしがこうして今生きているのも、数カ国のイスラム教徒の厚意があってこそ。決して誹謗中傷ではありません。
| comments(2) | trackbacks(0) | 12:19 | category: 国際事情… |
# ホワイトバンドデーとグローバルフェスタ2005
さてさて、10/1(土)・2(日)の2日間、日比谷公園でグローバルフェスタが開催されます。入場無料。残念ながらあたしは参加できないのですが、フェアトレード製品や料理の販売もあるので、お近くにお越しの際はぜひ覗いてみてくださいませ。大量にボランティアも募集中だそうです。牧瀬里穂がキャンペーンマスコット、と微妙な人選ですが、まあまあ。そこは抑えて。


サブタイトルに「ミレニアム開発目標への挑戦」とある通り、今年は2000年に開かれた国連ミレニアムサミットで採択された「ミレニアム開発目標」から5年目。先日のグレンイーグルズ・サミット、9月14〜16日の国連ワールドサミット、12月のWTO(世界貿易機構)閣僚会議などなど、今年は世界の貧困やらを考える機会の多い1年であります。

おっと。ホワイトバンドで知られる「ほっとけない」キャンペーンも忘れてはいけないですね。ホワイトバンドの活動もワールドサミットと連動して色々やるようです。
" target="_blank">■9/10はホワイトバンドデー。映画祭(ヒルズ)、DJイベント(東京タワー)など色々イベントあり
■小泉純一郎首相に、国連2005ワールド・サミットへの出席と貧困問題への取り組みの明言を求めるアクション

ではでは。さようなら。

★「クリックで救える命がある」 " target="_blank">クリック募金はコチラ
| comments(0) | trackbacks(2) | 00:39 | category: 国際事情… |
# 「嫌韓流」を初タッチ。
今週、週刊新潮でも取り上げられていた漫画「嫌韓流」を初めて手にとった。職場の人が買い、人に回し始めたのだ。ワクワク。が、あたし自身は中身が何かさっぱりわかってない。知っているのはことごとく広告の掲載を断られたらしいということと、バカ売れしているらしいということだけ。目次を見てもそそられる項目はない。でも、これだけ売れてるってことは、目次の煽りが下手なのかなあ?

いくつかのブログやら掲示板を見てみたけれど、どれも興奮の坩堝。そして、今さら色めきたってる自分が相当遅れていることが判明。でもその感想を読めば読むほど、うーん、やっぱり読むほどでもないのかなあ、と考え中です。どうやらネットでいくらでも読めるようなネタしかないようなものらしいんだもん。それでも知らなかった人にとっては、自分の無知を思い知り、恥を感じる内容らしいです。「今までの教科書で読んで来たことはなんだったんだ!」みたいな感動の声もチラホラ。あたしが子供の頃の教科書には竹島問題も在日問題も出てなかったような気がするけど(竹島はあったか?)、今の教科書はあるんだよねえ?まさか新羅・高句麗・百済とかそんな話ではないんだろうなあ(そんなことしか覚えてない)。弥生vs縄文の話でもないんだろうなあー。

あたし自身が内容を読んでから言うべきだとは思うけど、自分たちが批判している“偏った歴史を植え付けられている韓国人”と同種に陥っている人もいるのが残念だなあと思う。いずれにせよ日本は本当に韓国ブームに沸き上がっている。そして“国”を信じ、その旗のもとに熱くなれる人々の力に目眩のような感動をおぼえた。

| comments(4) | trackbacks(0) | 00:37 | category: 国際事情… |
# この悪臭はすわ死体……と思いきや
ここ数日、魔法のキノコのことをアカデミックに考えていたのだが、そこへこんなニュースが。

ベルリン──ドイツ当局は7月31日、あまりにひどい悪臭のため、よもや死体かと森を捜索したところ、異常にくさいキノコを見つける羽目になったと明らかにした。

東部ドレスデンの警察報道官によると、チェコ国境に近い森で異様な悪臭がすると住民からの通報を受け、警官5人と警察犬1頭が捜索に向かった。

殺人事件か死体遺棄かと身構えて森に入った警官たちと犬が見つけたのは、「巨大なスッポンタケ」だった。

スッポンタケは、排泄物に似た臭いに誘われてハエが集まってくるほどの悪臭が特徴。毒性はない。

お騒がせなスッポンタケは高さ20センチ以上。警官たちは臭いの元をそのまま残して、森を後にしたという。(CNN)


コレがそのスッポンタケ。食べられるらしい。いやーん。学名が“男根”“恥知らず”って笑える。自分がスッポンタケに生まれて来なかったかったことを感謝したい。

ところで、あのカラフルな瓶の「オーラ・ソ−マ」とかいうモノの名前の由来について知っている人は教えてください。このソ−マって、キノコやらハッパ系の“ソ−マ”と関係あるんでしょうか?
| comments(4) | trackbacks(0) | 00:28 | category: 国際事情… |
# 「生命の誕生や進化の背景には知的な計画があった」
昨日の新聞記事だが、非常に興味深い。

米で新たな進化論争 「神」ではなく「知的計画」?

 「生命の誕生や進化の背景には知的な計画があった」という「Intelligent Design(知的計画=ID)」説を学校で教えようという主張が、米国で頭をもたげている。米国では、旧約聖書の創世記に基づき、天地と人類は神がつくったとするキリスト教右派が勢力を保つ。そうした宗教右派の「進化論を学校で教えるな」という主張とは表向き一線を画しているのがID推進派の特徴だ。

 米東部ペンシルベニア州ドーバーで5月17日、日本の教育委員会にあたる学校区の公選委員の予備選挙があり、争点はIDの扱いをどうするかになった。なぜ生命は誕生したのか、生物がいかにしていまの形を得たかは、進化論だけでは説明しきれず、そこに知的な計画が働いているというのがIDの主張だ。「神がつくった」とは言わない(asahi.com)


続きはコチラで。
| comments(2) | trackbacks(1) | 22:54 | category: 国際事情… |
# やるなあ、青年!
週末のタイ・フェス。はっきり言って、あたしがボランティアをしていること自体、一部の友人は気持ちの悪さを感じているに違いなく、あたし自身ですら気持ち悪さ…というか、ある種、敵陣に乗り込むというか冒険的な気持ちがなくはなかった。まあ、あまり声高にその理由を言いたくはない。

話を戻します。タイフェスではNGOのボランティアとして商品を売っていたのだが、青年たち(って言い方ババくさい?)から「この商品を買ったら、募金をしたことになるんですか?」っていう質問が多かったことに、とても驚いた。で、そうだと答えると、商品を快く買ってくれた上に、募金箱にお釣りを募金してくれた人もかなりいたのが印象的だった。できる範囲で自分でも何かできたらという気持ちがとてもうれしく、また勇気づけられる思いがした。若者、捨てたもんじゃないよなあ。えらい!って話、先日も書いたような。

あたしも最近、どうせお金を遣うなら、無駄な広告費やら何やらに巨額の金をかける企業やら、人以下のような酷い労働条件で現地の人に働かせているような企業には払いたくないなと思っており、自分の金が少しでも有効に流通するように思ってはいるのだが、やっぱりカッコイイ広告やブランドイメージみたいなものは強力に購買欲をそそってきちゃうんだよなあ。強敵。

【本日のリンク】
ピープル・ツリー
途上国の生産者の自立を支援するフェアトレード団体の通販。カタログを購読しているのだが、商品もかわいいし、生産者団体の紹介もあって好き。実は5月14日は世界フェアトレード・デーでした。知ってた?
「フェア・トレードとは何か」
意外に少ないフェアトレード関連本。この本はタイトル通り入門書的なもの。フェアトレードが抱える矛盾や問題について十分に書かれていないと感じたが、興味がある人は目を通して損はない。
「ひとつのNo!たくさんのYES!反グロバリゼーション最前線」
“反グロバリゼーション”という呼称はどうなの?といつも思うのだが、それはおいといて。この本では、活動家である著者自身が世界の“反グロバリゼーション最前線”を実際に歩き、様々な人に出会って対話したルポ。この著者は柔軟でとても知的な人なのではないかと思う。最初はヘンテコな訳に辟易しながら読み始めたが、魅力的なエピソードが多く面白かった。いきなりサパティスタの話で始まるので、気分があがりまくり。ふふ。
| comments(0) | trackbacks(1) | 00:16 | category: 国際事情… |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links