<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 地震報道を見続けて。 | main | 「ライ麦畑でつかまえて」がスミス的だとしたら。 >>
# 第2次小泉内閣、最初の脱落者決定か。
日本シリーズ最終戦を見届けようと帰宅したのに、すでに5-0。あまりにつまらないので、「TVタックル」を見る。

小泉内閣には新たに強力キャラが入っていた。武部あたりが最初に消えると思っていたが(もっともヤツは大臣ではないが)、法務大臣の南野(のうの)知恵子に完全に話題を持っていかれているではないか。予算委員会での映像は凄かった。質問されたことに対して全く理解しておらず、答弁も三転四転。おまけにヘラヘラ笑いを浮かべる有り様。あまりにも情けない。怒りを通り越して呆れ果てる。

助産婦学校を卒業した看護師出身の女性で、たけしが「“ゆりかごから墓場まで”この人がみるんだ」みたいなことを言っていた。助産婦として生まれるお手伝いもするけど、死刑執行のハンコも押してくれるってこと。こんなオンナに全人生握られてると思うと、恐ろしい…。握られてないけど。よほど嫌がらせメールが届いたのか、本人のホームページは只今“not found”。

トレードマークは“ピンクのスーツ”だという。女性らしい華やかさなんて、誰も期待してないよ。顔を見るだけで知性のカケラも感じられないんだから、どうにかしてよ。なんで女性議員ってこうなのか…と、再び頭痛。まあ、そう長くはないだろうが、ウォッチしたい。本音を言えば、不愉快だから二度と見たくない!

【関連ニュース】
★南野法相 答弁くるくる変わり与党側もあぜん
★民主党、今後の様子を見て南野法相の罷免要求も
★南野法相 国会答弁問題 「寝ずに勉強」と反省
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:27 | category: 国内政治 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:27 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/98
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links