<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 残る音楽系イベント | main | Kカンパニー「くるみ割り人形」 >>
# 鳥獣戯画を見に行った
ヒマに乗じて、実は先週サントリー美術館で鳥獣戯画展を見に行ってきた。平日の昼間2時。入場制限が敷かれていて、5分待ちで入った。絵巻物というのは、かじりついて見ながら、勝手にストーリーに妄想を膨らませてナンボであるのだが、みんなかじりつきかぶりつき。自分は鳥獣戯画の甲の部しか知らなかったことがわかった。鳥獣戯画、思ったより謎が多い絵巻物だったことを知る。また戯画というのは筆致を見ると本当に戯画で、何よりも書いている人間が楽しんでいる感じが伝わってくるのがいい。このイキイキした筆致は、実物で見てよかったなあと思った。実は展示は前半と後半で入れ替わっている。やっぱりムリしてでも前半も見たかったものだ。

鳥獣戯画以外にも戯画系の作品があったが、それが下品でナンセンスでよかった。サントリー美術館の収蔵品である男性の陽物合戦(股間にぶらさがってるものの大きさ対決)と放屁合戦。とくに後者は勢いのある線でその風力が表現されていて、馬鹿馬鹿しいのだが見ていて楽しい。遠くにある木に置かれた扇がその風力で割れたり、大きな袋に向かって複数の人がその空気を溜め込もうとしたり。あまりのアホさ加減に笑っていたが、これは人と一緒に見たかった。その感動を伝えたくて、美術アレルギーの父に話したら非常に嬉しそうで、鳥獣戯画展のプログラムを喜んでみていた。

で、あたしもそんな楽しい絵を描いてみたいと思って、その日さっそく鉛筆を買ったが、いまだ手をつけられないでいる。うーん、何合戦にしようかなあ。
| comments(6) | trackbacks(0) | 01:13 | category: 美術 |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:13 | category: - |
コメント
あの力みの無い生き生きとした筆致はいいですね。筆を持つ人の気持が伝わってきます。
実物を見るまで気が付きませんでした。

合戦・・・
〇〇合戦を思い付いてしまいました。嗚呼(苦笑)。
| タカサレ | 2007/12/20 9:26 AM |

>タカサレさん

>実物を見るまで気が付きませんでした。

ホントホント!勢いと楽しさのある筆致で。
あたしも図柄の面白さばかりに目がいってました。

>〇〇合戦

非常に気になるんですけど!

ちなみに我が地元は江戸時代の「酒合戦」が有名。
一番の人間は九升一合(16リットル以上)呑んだとか。
うーん、何合戦なんだ?

| タコ | 2007/12/20 9:48 AM |

高知行ったときに、絵金蔵で放屁合戦らしき絵を見たよ・・・

http://www.ekingura.com/
けっこう普遍的な絵柄だったりするの?(そんなバカなw)
| ayano | 2007/12/20 10:43 PM |

>あやのちゃん

絵金って知らなかったけど、面白そうだねえ。
でも、昔は庶民の遊びやレジャーも限られていたし、
身体ひとつでできる遊びというのは好都合だから
けっこうありえない話ではないわな…。
まあ、調節できるもんでもないので、
夢の遊びだったのかもしれないね。とか言ってみる。

| タコ | 2007/12/21 9:03 AM |

そうですか、気になりますか・・・

いやもう、あまりにも下らないので・・・呑まねばとてもとても(苦笑)
| タカサレ | 2007/12/21 9:32 PM |

>タカサレさん

では呑んだ時にポロッと。
いやあ、なんだかわかる気もしてきたような。
言って欲しいような欲しくないような。
でも、きっと文字に残さない方がいいんだろうなあ。
| タコ | 2007/12/22 12:34 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/973
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links