<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 野口里佳「マラブ・太陽」@ギャラリー小柳 | main | モテ子の習慣vsブス子の習慣 >>
# トルコ料理「イズミル」でアタシも考えた
いぬわんさんmorioさんアリーマさんうりうりさんayanoちゃん花侍ちゃんらとイズミル@阿佐ヶ谷に行く。イズミルというのはトルコ料理店で、トルコ好きの間では都内随一との評判の店。トルコに1年半いらしたアリーマさん、トルコ史を勉強していたayanoちゃんというグルメかつトルコ料理にも詳しい強力なお二人がいるから、こっちは怖いもんなしさ!

メゼ(前菜)の一品、ウスパナック・タラマ(ホウレン草とヨーグルトの和え物)。実はあたくし、これと酒さえあれば、満足。


>メゼ(前菜)の一品、パトルジャン・エズメ(なすのペースト)。実はあたくし、これと酒さえあれば、満足。


エキメキ(トルコのパン)とシガラ・ボレイ(トルコの春巻)。実はエキメキとメゼとラク(トルコの蒸留酒)だけあれば満足。


アクデニズ・サラダ(地中海サラダ)。トルコのサラダはなぜだかうまい。実はエキメキとメゼとラク(トルコの蒸留酒)とサラダだけあれば満足。


けっこう好物で、彼の地でもかなりの頻度で食べていた。自分で作るよりはるかに旨いのは、やはり手間の掛け方が違うからだなと反省した。


マントゥ。ヨーグルトソースで食べるトルコ風ラビオリ。大変旨かった。アリーマさんが秘技ナイアガラを見せてくれたのはコレだったっけ?メゼとエキメキとチーズとラクとサラダとコレでいい。


イスケンデル・ケバブ。ラクを呑むならこの代わりにオリーブをつまむんでいたい。


大好物だったトルコのライスプディング。米粒の食感は粗い方が好きなんだよなあ。と考えると、自分がライスプディングと粟ぜんざいに求める食感はまったく同じものだと今気づいた。


いやはや。旨かった。実はワタクシめも不法就労&不法滞在をしていた元トルコ嬢ではあるのだが、そんな底辺の身にはもったいないほど、現地でいただいたことのない上質トルコ料理だった。日本円を稼げる身分になったことをこの日ほどありがたく思ったことはないぜ。と同時に、トルコで食べていたトルコ料理を懐かしく思った。髭面でラク臭いトルコのおっさん共と肩を並べて食べていた料理は、もっとソウルフルでエナジーに溢れており、パンチが効いていた気がする。それは10年前の話で自分自身の性質に勢いがあったからかもしれないし、喰らうこと=生きることという切羽詰まった状態だったからかもしれない。ただ単にB級志向なのかもしれないし。

しかし洗練と引き換えに彼らが失った何かにこそ、自分が求めているものがあったのではないかと思う。あたしはよく人から「てめえはパンチがありゃあいいと思ってやがる!」と非難されがちなのだがね。ははは。でも、いろいろ考えた。いろいろ考え過ぎた。今、はっきり出ている結論といえば、都内でトルコ料理を食べたかったらイズミルへ行くのは正解だということ。またマントゥとメゼ食べたい。いろいろ考えたことを書いたら、長くなり過ぎたので省略。また、いつの日か。

【関連リンク】
*年功序列にしようと思ったけどビミョーにわからないので、記事見た順番にカエ。
★阿佐ヶ谷「イズミル
★morioさん「阿佐ヶ谷でトルコ
★いぬわんさん「阿佐ヶ谷、トルコ料理イズミルでオレも考えた
*タイトル、パクリました。
★花侍ちゃん「トルコ経験者を囲んだ夕べ
★アリーマさん「トルコ料理『イズミル』 〜マントゥ求めて阿佐ヶ谷遠征〜
| comments(6) | trackbacks(4) | 03:20 | category: 喰らいネタ |
# スポンサーサイト
| - | - | 03:20 | category: - |
コメント
考えたなあ(´д`)〜
パンチさえありゃ・・・それでええん!
| いぬわん | 2007/11/11 4:07 PM |

>いぬわんたん

端的にいえば、個人的にはパンチだ!
で、そのパンチって何よ?パンチが足りないってどういうこと?を書いたら、イズミルとどんどん話がズレていったので15行ほど削除したよ。でも15行では書ききれないな。でも考えてみてもいいな。

貧乏なのに仕事柄、安くない料理を口にする機会があるんだけど、「上質フラット」という味付けのジャンルがあるんじゃないかと思うことがあるのです。でも、そういう料理を愛でる人って、やっぱり生き様もその料理みたいなのかもしれない。一方で、底辺で七転八倒を好む(好んではいないけど)人間にはそういう料理があう。

栄光の瞬間はないあたしだけど、スパム万引きで銃殺は激しく憧れるもの。完璧な人生。
ああ、すっかり話が逸れてるし。
| タコ | 2007/11/11 4:30 PM |

この面子がかもす雰囲気と会話が濃すぎて、
料理の印象が薄くなっちゃうのよね、品良く美味しいものだと(笑

下世話系のパンチがないと、会話の濃さに負けちゃうのかも。
| うりうり | 2007/11/12 2:53 PM |

たしかにハイソなトルコ料理なのかしら?って思いました。
あと羊がなかったのもパンチがうすめに感じた所以かと‥
でもパンとプリンってば最高に美味しかったですよねっ!!
なんかね、イズミル以来、どうも身体が中東を求めてます。
どこかにタヒーナ売ってないかしら‥(練り胡麻とはちょっとばかし違うんですよね〜)


| 花侍 | 2007/11/12 7:38 PM |

こんにちは。
先日はどうもでした♪

ニンニクと油がかなり控えめだったので、上品に感じたのかもしれないですね。まあ、来るお客さんは日本人だから、それなりに調整しているのかなあ、とは思ったけれど、きちんと手がかかった美味しい料理でした。アレはアレでよいのじゃ。

そういえば、ピルゾラを食べ忘れた・・・ああ、羊が食べたい。
| アリーマ | 2007/11/12 8:25 PM |

>うりうりさん

なるほど!
次は抑えた声で品のいい会話を楽しんでみよっか?
いや、このメンツだと拷問か?

>花侍ちゃん

そうそう、羊だったね。
写真を見ながら、あ!と思ったよ。
でも、やっぱり中東いいねえ。中東中東。

>アリーマさん

惰ブログへようこそ!でございます☆

>ニンニクと油

鋭い!それは大きいですね。
でも美味しかったですよ、ホント。
今もマントゥ食べたい。茄子ペースト食べたい。
ほうれん草ペーストも食べたい。

羊はおおいに食べたいです。
モンゴル料理でもいい!延辺料理でもいい!
羊の匂いにくるまって酔っぱらいたい!
| タコ | 2007/11/13 1:03 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/948
トラックバック
阿佐ヶ谷、トルコ料理イズミルでオレも考えた
中野、高円寺、阿佐ヶ谷・・・ このオレにだってあった性春青春時代をすごした街。 30年経ってもやっぱり中央線はマッスグだ! 阿佐ヶ谷。つい最近、こんな記事をみせつけられ、あわや約束を反故にして飛び込みそうにな
| 犬悔い | 2007/11/11 4:08 PM |
トルコ経験者を囲んだ夕べ
夜ごはんは、ちょびっと抜け出してトルコ。 ayanoさん+タコさん+うりうりさん+morio先生 いぬわんさん+アリーマさん、そして花侍。 前菜(なす・豆・人参・ほうれん草・パプリカ?) エキメキ(パン)、チーズ春巻 マハシー(ピーマン・トマト) 地中海サラダ、マ
| 花侍の甘くて幸せな日々‥ | 2007/11/12 7:48 PM |
トルコ料理『イズミル』 〜マントゥ求めて阿佐ヶ谷遠征〜
イズミル最寄駅:阿佐ヶ谷料理:トルコ料理採点:★★★★☆一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円用途:飲み会/宴会 阿佐ヶ谷の『イズミル』というトルコ料理店の話は、以前からよく聞いていた。 かなり評判が良いのだけれど、阿佐ヶ谷は遠い。 なかな
| 横浜ほにゃらら日記 | 2007/11/12 8:08 PM |
[エスニック料理][ピスタチオ]阿佐ヶ谷「イズミル」
完全に周回遅れですが書かないのも悔しいので、阿佐ヶ谷の「イズミル」でトルコ料理を食べた話を。 会いたいですね、いっしょにご飯食べたいですねと言いつづけていたのに、なかなかかなわなかったアリーマさん。今回ついにアリーマさんを交えての食事会が実現。やっぱ
| ayanolog はてな館 | 2007/12/02 2:23 AM |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links