<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 京都2日目のおひとりさま | main | 京都3日目・進々堂 >>
# 京都2日目・昼
先斗町を抜けて川を渡った。ほんとは南側にかかる橋のたもとに京都南座があったのに気づいていた。歌舞伎ファンとしては「おー、南座はこんなとこに建っているのか!」と心で歓声をあげるわけだ。しかし、安易には近寄らない。なぜなら、それが南座ということを知っているから。

小雨の降りしきる中、とことことことこ歩きまわる。大して人っ子もいない。よくわからないが骨董品の店がぽつぽつとあり、感じのいい飲食店がぽつぽつとある。そして石畳の道沿いに日本建築が建ち並び、お堀があって風情のある一角に辿り着いた。そのあたりをぐるぐると歩き回った。南座の周辺ということになるのかな。

かわいい看板があった。「喫茶フランソア」と書いてあった。しかしお腹が空いたのでそのまま通り過ぎた。そして名前を忘れたけど、喫茶&スパゲティの店に入った。隣は「コロナ」という有名な洋食屋さんらしい。雰囲気としてはわが町・神保町にありそうな感じの店で、メニュー的には目黒のスパゲティの店に似ていた。和風スパゲティだ。ダメだ。固有名詞がまったく出て来ない。真ん中に大テーブルのカウンターがあり、そこで食べた。美味しい。そのうち地元のオッサンが来た。1人はこの店によく来るようで、もう1人は初めて。初めてのオッサンも「うまいなあ!」といいながら平らげていた。

川を挟んでこの界隈の感じはかなり好きだ。非常に落ち着く。人が多くないし、町並みもいい。たしかいい感じの宿もあると聞いたのだが、その名前も忘れた。
そして古い建築を生かしたイタリアンなんかもあって洒落ていたのだが、心にひっかかるものがあってやめた。帰ってきて、このあたりの地図を見ていたら、このひっかかった店っていうのは際コーポレーションの経営だった。あたしもダテに今の仕事を何年も続けているわけじゃないな、と自分を褒めた。

際コーポレーションが決して悪いわけではない。非常に上手いと思う(旨い、ではない)。嫉妬すら感じることもある。どこかねじ曲がった愛情なのかというとそうでもない。際コーポレーションが演出する空気とあたしが求める空気が違う。それだけのことだ。行くならマーケティング的な視点を持った人と行きたい。とかなんとか言って、結構お金を落としている気がするところもまた悔しい。ストーリーづくりみたいなものがとてもうまいし、それをキチンと形にしているのではないだろうか。

話が逸れた。この辺りを歩いてすっかり気分がよくなった。南座の裏側から東へと歩いてみた。もう1つの歌舞練場のあるあたりだ。そこへ出る時、妙にオッサンが多いなあと思ったら、馬券売り場のWINDSがあった。こんなとこにあるなんて。浅草でいえば六区あたりのようなもんか?と、風情はだいぶ違うがそう思ってしまった。

このあたりは寺もあるからか、一気に観光客もうじゃうじゃ。いい店もあるのだろうが、観光的な店が多い気がした。つまらん中途半端な和雑貨を売っている店も多かった。しばらく歩いて、さらに東へ行くと八坂神社があった。辿り着いてしまったのでお参りをする。八坂神社に足を踏み入れなくてもよかったのではないか、と今でも思う。

しかし、京都歩きは楽しい。もう1泊しようと思い、近くの銀行のATMで暖をとりながら携帯を駆使して一番安い宿を予約した。

またもさんざん歩いて疲れたので、先ほどの「喫茶フランソア」まで戻り、ウインナーコーヒーを飲んだ。クラシックな店内。しかし雨のせいで、店内がガチャガチャしており、おまけに中高年団体客が隣の席にいた。ひっきりなしに訪れる客。なんだか行くタイミングが悪かったようで、落ち着かない。おまけにコスプレのようなメイドさん、でなくウェイトレスさんが。まあ、いいや。空いていたらさぞいい店なんだろうと思う。

地下鉄で京都駅に戻る。預けていた荷物をピックアップしバスに乗って宿へ向かった。京都・中心部の東半分。バスでも電車でもなんでもまかせてくれ、だ。昨日まで四条って何?って具合だった人間とは思えない進化ぶり。我ながら気持ちよい。
| comments(2) | trackbacks(0) | 06:08 | category: 旅・旅・旅 |
# スポンサーサイト
| - | - | 06:08 | category: - |
コメント
スパゲティの店、おそらく「カルド」ではないでしょうか?
高瀬川の見える私も大好きなお店です!
初日の日記を読んで「四条界隈でおひとりさまならあの店が…」と思っていたので本当にビックリ。勘でそこに辿り着けるタコさんの嗅覚、素晴らしいですね!
あの団栗界隈は、風俗やラブホもあったりして高瀬川にかかる小さな橋にはオカマのたちんぼのお姉さんが立ったり夜は夜で怪しい雰囲気で面白いんですよ〜。
| madoca | 2007/03/05 3:38 PM |

おおおー、ありがとう!
ネットで見たけどカルドで間違いないみたい!
ウニと何かのパスタを食べたけど、美味しかったです。

あの界隈いいねえ。
ホントは仕事進んでれば、あの界隈を南下してって
いい店発掘したかったんだよ。

路地好きとしては、けっこうたまらない雰囲気です。
次回は夜行ってみる!

| タコ | 2007/03/05 9:41 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/703
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links