<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 「奇跡の着うた」の裏にアノ男 | main | 結婚相手との出会いの場は「渋滞中」 >>
# ハエトリソウvsハエ食べロボ
職場の近くでハエトリソウが売っている。ギザギザの葉を剥き出しにして、あたしがひっかかるのを待っている。買うか買わないか。毎日が闘いだ。最近は闘いにも疲れて来たので、いっそのこと捕まっちゃおうかとも思う。が、こじゃれた観葉植物店で「ちょっと変わった植物買ってみちゃって」っていうのも癪。でも欲しい。

いろいろ調べてみると(結局、リサーチ中)、ハエトリソウってのは賢いらしい。貝状になった葉の周囲には歯みたいな棘みたいなのと繊毛みたいのが付いているじゃないですか。あれに1回当たっただけでは、葉は閉じないらしい。2回以上当たって確実だと思うと、葉を閉じるそうな。そうすると、もう閉じたまま。あとは胃液(?)を分泌して消化・消化・消化。数日すると再び葉は開くのだが、中には獲物の残骸が残っているらしい。この残骸はピンセットなどで取ってあげてくださいって。やりたい。

基本的にハエを餌として育つ植物ってわけでもなく、この行動には多大なエネルギーを必要とするそうな。だからしょっちゅうやると枯れてしまうんだって。あとハムなど脂肪分が多いもの、ダンゴムシやゴキブリなどを入れても食べないという。

と、まあ、毎日ハエトリソウのことを考えているのだが、こんなニュースを見つけてしまった。「ハエを食べて燃料にするロボット」である。

英国の科学者が、ハエを食べることで電力を生み出すロボットを開発している。その基本となるアイデアは、ハエを捕まえて特殊な燃料電池で消化することで電気を生み出すというものだ。この燃料電池はハエの骨に含まれる糖分を分解して電子を放出し、この電子が電流を生む。

ということは、想像してたような人型ロボットではないらしい。
「EcoBot IIと呼ばれるこのロボットは、『リリース&フォゲット』(送り出した後は放っておいていい)ロボットを作ろうという動きの一環だ。こうしたロボットは危険な場所や人が近寄りにくい場所に送り込んで、産業あるいは軍事目的で温度や有毒ガスの濃度などを遠隔監視するのに使える」と9月8日発行のNew Scientist誌には記されている。

あと“ハエを吸い込むポンプ”を開発しなくてはいけないらしい。また、この自立型ロボットのマイナス面として上げられているのが“ハエを呼び寄せるために汚水や排せつ物を使って、臭いを付けなくてはならない”という点。おえ。

胸を張ってハエトリソウを買える気がしてきた。

★排せつ物ロボNEWSのソースはコチラ
| comments(4) | trackbacks(0) | 23:46 | category: ハードコア園芸 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:46 | category: - |
コメント
そうそう、透明な突起物が両葉についているんですよね。別にハエじゃなくても、2回パパッってつつくと閉じる。一旦閉じると1日元に戻らないのも、きっと大量にエネルギーを消費するからなんだろうな。去年飼ってましたが越冬できずに死んでしまいました。多分ボクが遊びすぎたから。。。あと、そのロボだけど、ハエがどれくらいエネルギーに変わるのかかは、かなりの疑問。
| ゐづみ | 2004/09/12 7:50 AM |

さすが、既に飼い済みでしたか!昨日は近所でウツボカズラを見つけて、こっちもいいかなあとか思ってたんだけど、やっぱり冬越しが難関かも!

ボタニカル・ライフをやっても性癖って出るもんですね…。
| タコ | 2004/09/12 12:59 PM |

ハエトリソウ・・・ 
僕も育ててるけど、とても小さくて心配・・
| たすく | 2006/08/31 1:25 PM |

>たすくさん

ハエを食べさせてあげてみよう!
もしくは食べさせ過ぎて弱ってますか?
大事にしてあげてくださいね。
巨大ハエトリソウに育ったら写真ください。
| タコ | 2006/09/03 9:57 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/66
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links