<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< Jack Johnson@幕張メッセ | main | ウサギのマシュマロ >>
# 六世中村歌右衛門五年祭・四月大歌舞伎
恒例の歌舞伎座昼の部。今日は余裕があったので、三越に寄って美濃吉のお弁当を買ってから行く。

《本日の演目》
■「狐と笛吹き」
亡くなった最愛の妻の生き写しを見つけ、亡き妻の面影として家に仕えさせた春方。しかし、その女性は次第に春方を愛し、亡き妻の面影としてでなく、自分自身として愛して欲しいと願うようになる。春方も自分の気持ちに気づき、夫婦になろうと言うと、実は自分は昔自分が助けた狐の子供なのだという。でも、それでもいい!と思う春方だが、狐の方は、一度でも契りを交わせば自分は死んでしまう掟だと言うのだった。ある夜、ついに掟を破ったら、やっぱり死骸は狐の姿。それでも、その狐を抱いて、狐の故郷に一緒に死にに行くというストーリー(かなり乱暴に省略してます)。狐が化けた女を演じる福助のちょっと子供っぽい甘えた感じが不気味に可愛い。軽やかな足取りも狐っぽかったなあ。狐を娶る男・春方に梅玉。梅玉はこういう堅い人の役が多いのだが、声も聴きやすいし結構好き。しかし話のストーリー自体には共感を憶えず「春方のバカ!亡き妻の面影として一生生きられるか!」「春方、ダメ!死んじゃうんだから我慢しろ〜!」と思う。でも、我慢して一生暮らしたらお話にならないから仕方ない。いったいどの時点で死んじゃうのか、どの時点から狐になっちゃうのかと、少々下世話な妄想が頭をよぎってしまった…ダメだね。

■「高尾」
高尾といえば、吉原・三浦屋お抱えのトップ傾城。その名跡は三浦屋のトップ傾城に代々受け継がれ、6代とも11代とも言われているそうな。余談だが、かつて吉原が何をするところかわからなかった子供の頃、あたしの夢は花魁になることだったので、高尾は憧れだった。この萩江社中による高尾は舞踊で、もっとも名高い2代目の高尾の死後の話。吉原の廓勤めの辛さや四季の廓の華やかな情景、間夫を待つ切なさ、地獄の責めの苦しみを訴えるのだった。今回、これを踊るのは雀右衛門、今年86才。本公演でこれを踊るのは初めてだという。すごいなあ。足元に危なっかしさがあるが、死後の高尾なのでいい。それでも美しく品格があって釘付けだった。ちなみに萩江は長唄から派生した音曲で、長唄よりも繊細な節回しを用いるのが特徴らしい。雀右衛門をまた見られたことがうれしい。

■「沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)」
あらすじを書く意欲が消えた。合戦シーンで勇ましい裸武者を演じたのは中村国生。中村橋之助の長男だ。随分、プクプクして元気のいい子供だなあと思ったのだが、もう10才なんだ。複数の敵を相手に孤軍奮闘、最後は鉄砲で打たれて階段をゴロンゴロンと落ちて来る。いいねえ、役者根性がある子供だ。第ニ場では勘太郎の秀頼もいいけど、ちょっと頭のおかしくなった淀の方を演じる芝かんがとてもいい。迫力はさすがだ。あの風貌だし。お昼ご飯の後だったから、ちょっとウトウトしちゃった。

■「関八州繋馬」
歌舞伎はかなりの数を見てるけど、いつまで経っても詳しくならないし、見方も通にはならない。あたしはわかりやすい荒事が好き。スーパースターもの、人でないものが出て来るもの、花魁ものが好き。この「関八州繋馬」は、日本国を魔界に変えようという大望を抱いた土蜘蛛の精が出て来て、そういう意味では好みの演目。たまらん。手からシュッシュッと蜘蛛の糸を出すたびに、心が弾む〜。悪いヤツらvs正義の味方で闘うんだけど、闘ってる最中に、至る所に構図の美しいキメの場面があって、それもたまらない。土蜘蛛の精に魁春。メイクもメタルっぽく、舌を出して挑発する姿がカッコイイ!おまけに土蜘蛛の精と手を組んで天下転覆をもくろむ平将門の息子・良門に仁左衛門。2人とも本気で悪そうで妖しくてカッコイイ!悪者ガンバレ!と胸を弾ませる。でも、菊五郎たちの正義の味方にやられちゃった…。

以上。先月、感想文書くの忘れたー。
| comments(2) | trackbacks(0) | 23:31 | category: 歌舞伎/ダンス |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:31 | category: - |
コメント
タコさん
こんにちは!
定期的に歌舞伎に行かれてますよね?
私も舞踊をやっているので、ごくたまにですが行きます。
でも、私は歌舞伎でも舞踊歌舞伎が好きなんですけどね☆
タコさんは、色んな趣味を持っていて素敵ですね。
それと、私事なのですが花魁の中でも身分の低い新造の役をやった事があります。
私も小さい頃、花魁になりたい!って思ってた事ありました。勿論、どういうものかも理解せずですけどね。(笑)
タコさんと一緒に見に行ったら楽しそうですね♪
| mie | 2006/04/17 1:53 PM |

>mieちゃん

舞踊やってるんだ!ステキ〜!
あたしの中で、まだ見ぬmieちゃん像(新造姿)が膨らんでます。
(そうそう。この間、tomoがmieちゃんにテレビ電話かけようとして、
危うく初対面するとこだったんだよ!地下の店で助かった)

舞踊見るのは好きなんだけど、やってる人の感想とか聴きたいなあ。
きっと視点とか全然違うんだろうなあ。いいなあ。
じゃあ、今度東京に来た時、一緒に歌舞伎見に行かない?
| タコ | 2006/04/17 2:07 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/496
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links