<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 生き方が下手な人 | main | ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団「Nefes(ネフェス)」 >>
# 村上龍「半島を出よ」
ランチタイム。席について、さて本の続きを、と思ったら、隣の席のOL3人組の会話が耳に飛び込んで来た。話題は中田ヒデ。W杯出場を決めた翌日の話である。

「ヒデってイタリア語ペラペラなんでしょー」「ヒデってすごい頭いいんだってー」「ヒデにはスタイリストが付いてて、帰国する時のファッションとかアドバイスしてるんだってー。ほら、誰だっけ?」「村上龍の本もヒデが読んでたってことで爆発的に売れたんだってー。なんだっけ。『半島を出よ』とかいうヤツ」

……まさに、今、その本をバッグから出そうとしてたんだけど。そうなんだ。ヒデが読んでたから売れたのか。知らなかった。って言うか、このタイミングで本を読みはじめるのは相当恥ずかしいなあ。

「そういえば、昨日も試合終わってバス乗ったらすぐに本を読み始めてたよー」「やだー。キャハハ!何の本?」「カバーしてあったからわかんないけど。リュウの本の時はカバーしてなかったみたい。宣伝してるんだよ」「そういえば、あの2人って一緒に本出してたよね」「ヒデって、リュウに本をいっぱい送ってもらってるんじゃないの?」「リュウも金持ちなんでしょ?」

そのリュウこと村上龍の「半島を出よ」を買ったのは、ヒデこと中田英寿が読んでいたからではない、という言い訳をさせてもらおう。あたしは発売直後に買った。と、主張してみても読んだ時期がヒデ以前であれヒデ以降であれ、どうでもいいことなんだけど。2か月半寝かせておいた「半島を出よ」は、「愛と幻想のファシズム」系の作品。よくもまあ、いっぱい勉強して書いたなあ、こういうのが“意欲作”って言うのかなあというのが印象。経済オンチのあたしには、上巻前半、2011年の日本の状況を把握するところまでが辛かったが、それ以降はジェットコースターのごとく。政府や愚衆への憤りや暴力的な感情などとともに一気に読んでしまった。陳腐な褒め言葉だが、リアリティと臨場感は、さすが村上龍。なんとなく感じている社会への軽蔑や違和感を、言葉でこれだけ描いたことにも興奮する。あとは、生き抜く力について悶々と考えた。そして、この人が書く人が死ぬシーンは最高に好きだ、ってことを改めて思ってみたりした。
| comments(4) | trackbacks(3) | 22:06 | category: 本の話 |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:06 | category: - |
コメント
本というモノを一切読まない兄の部屋に「半島を出よ」があり
聞いたら「くれた、本人が」との答え。筆圧強いサインが記して
ありました。これもご縁・・・ワタシはこれから読みまする。
| オタフク | 2005/06/19 5:15 PM |

きゃ〜。兄、何者?
ぜひぜひ読んでちょうだい!
我が上下2冊は弟の家に引き取られていきました。
| タコ | 2005/06/19 11:09 PM |

「ヒデ」「リュウ」って呼ぶあたりが素敵ですね。ヒデは先日帰国した際、レイザーラモンHGと間違われたとか。「リュウ」は「5分後の世界」「共生虫」「インザ・ミソスープ」「昭和歌謡全集」がおもろかったです。半島ほにゃららは、北朝鮮軍が福岡球場にいきなりやってきて占拠したのを、日本の色んな才能あふるる子供達と対決するんだっけ?なんかそれだけ聞くと「5分後」ミーツ「昭和歌謡」っぽい。読みたいなぁ。読もうかなぁ。
| とり | 2005/11/18 9:50 PM |

>とりくん
>>ヒデは先日帰国した際、レイザーラモンHGと間違われたとか。
そうそう!物凄くウ比比比比!化比比比比!
とか思ってしまう自分がイヤなんだけど好きです。
もし読むなら、貸しますよ?今、カンムリが持ってる。
6月に貸したから読み終わってるはずだ。
| タコ | 2005/11/19 2:02 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/232
トラックバック
読書感想「半島を出よ」
読書感想「半島を出よ」 半島を出よ (上) 半島を出よ (下) 【はてなダイアリー】http://d.hatena.ne.jp/asin/434400759X 【評価】★★★★
| 三匹の迷える羊たち | 2005/07/26 12:01 PM |
第59回毎日出版文化賞決まる
第59回毎日出版文化賞(毎日新聞社主催)が 以下の通り決まりました。 <文学・芸術部門>  「半島を出よ」上・下 村上龍著 幻冬舎    <人文・社会部門>  「評伝 北一輝」全5巻 松本健一著 岩波書店   <自然科学部門>  「環境リスク学
| 及川的大人のブログ | 2005/11/08 6:02 PM |
?Ф衡?ζ
 とにかく疑問なのは村上龍が世界をきちんと認識しているのかということ。テロが起こるためには経済危機的な状況が必要ではあるのだけれどあまりにも現実離れしている感が否めない。ただのエンターテイメントならそれでいいんだろうけど本人はそのつもりじゃなさそうだ
| a fruit knife and a boy | 2005/11/28 2:55 PM |
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links