<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 血と肉のない待合室 | main | 手話で恐喝した山口組系暴力団組長 >>
# 描かれたオッパイ
さて。いよいよ一段落。これから違う病院へ回されることになり、紹介状をもらった。透かしてみると、当たり前だが患部であるオッパイの絵が描かれている。

あたしは男の先生が真面目にオッパイの絵を描く姿がとても好きだ。お医者さんとはいえ、大の男が子供の描くようなオッパイを描いている様子に吹き出しそうになる。仕事で患部の状態を記録してるってのはわかってるんだけど、すみません。どの先生も3つの円で表す。つまり、乳房、乳輪、乳首である。記号のようなものなので、もちろんリアルさは追求されていない。まあ、リアルに描かれていたら怖いけど。たまに上品なオッパイ絵を描く上品なお医者さんに出会うと、美化して描いてもらっちゃってすみません、と心の中で顔をぽっと赤らめてしまう。

いろんな先生に描いてもらったが、そっくりだったのは今回の先生が描いたものだった。思わず鏡で自分の胸を見て唸ってしまった。たった3本の線の組み合わせなのに「これは間違いなくあたしの胸です」と言い切れるほどだ。しかし、どうも乳房の下の方から線が出ている。「まさか…オッパイ毛?」。先日、医者の友人に会った時「オッパイ毛が5センチくらいあるオバサンはざらにいる。わき毛がボーボーのオバサンは普通にいる。剃って来いって思うよ」と言っていたので一瞬マジで焦ったのだが、ただ単に患部の状態を説明するための引き出し線で安心した。泌尿器科や婦人科のカルテはどうなっているんでしょうか。婦人科の先生からもかなり際どい話を聞きますが…。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:08 | category: おっぱい |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:08 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/213
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links