<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 了見の狭いやつら | main | サファイアの上の大地にて >>
# 立川談春@西新井
ノロノロと職場に行き、昼ご飯に3時間半も費やした挙げ句、5時半に職場を出て、1時間の移動時間を経て、西新井のギャラクシティへ立川談春独演会を見に行く。遠いわなあ。おまけに北千住駅の表示が不親切。談笑もこの不親切さにキレているようだったけど、あたしもキレた。急行に乗りたいのに、表示に沿って歩いたつもりが、各停のホームに。で、各停のホームは3階、急行のホームは1階にあるのよ。ありえないでしょ。シネ!シネ!シネキタセンジュ!と呟きながら走って汗だくに。

この立川談春、とんと縁がなかった。まあ、気合い入れないとチケットはとれない人だが、そもそも当初はそこまでの気合いがあたしにはなかった。さらに、チケットがとれても、行けなくなり人に譲る羽目になること数回。今回もしかり。ちょいと責任感を求められるような作業があり、それが16:00には終わると見ていたのだが、前日になって18:00に終わることが決まった。ああ、やはり談春とは縁がないのか……と思っていた。思いながら、時間が遅くなるのがわかったとき、仲間に言った。「いやあ、実は談春行こうと思ってたんだけどね、まあ、人に譲るわ」「へえ、談春ってのは当日フラリと行って見れるんだ」「いやいやとんでもない。ぴあでも即効完売でね、気合い入れてとるわけなんだけどね」「なら、もったいない!行くべきだよ」「やっぱりそう思うかい?」というわけで、行ってきた。落語好きでもない仕事仲間に『赤めだか』を読ませていたことが、こんなところで効くとはねえ。

本日の前座は立川こはる。小柄でボーイッシュな女性だが、母は若い男の子だと思っていたらしい。ありゃりゃ。「権助魚」をやった。緊張しまくっているようだったが、うまくなりそう(←上から目線ごめんなさい)。……という視点から文章を書くと、談春のところで長くなりそうなので、やめましょう。談春は「宮戸川」(ばあさんに笑った)、その後『赤めだか』ではない「黒めだか」の“狂気と冒険”の話。いやあ、読んでる人は何がなんだかさっぱりでしょうが。うっしっし。そして、中入り挟んで「景清」。「景清」よかったですねえ、人物の立ち位置加減が絶妙。聞かせる。母が寝てしまったのではと心配したが「よかったよかった!」と喜んでいたので、ひと安心。いやいや、ほんと。西新井くんだりまでお越しいただき、ありがとうございます。ここであたしは志ん朝も小三治も見た。最近では小朝も花緑もきた。またぜひお越しくださいね、談春さん。

で、談春から三連休に入れる幸せよ。あ、サイン入り『赤めだか』は速攻完売していたので、サイン入りCDを買ってしまったよ。談春のサインは普通の楷書体みたいで、自分の持ち物に名前を書いたようにも見える。次回の談春は8/31の読売GINZA落語会。出演は桃月庵白酒、瀧川鯉昇、柳家喬太郎、入船亭扇遊、立川談春。このメンツの素晴らしさ!ぴあの発売初日にカウンターに並んで買ったのだが、それでも後ろの後ろの後ろという席だったけど、本当にいっひっひ。
| comments(0) | trackbacks(2) | 09:10 | category: 芸能 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:10 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1247
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/08 8:25 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/08 12:54 PM |
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links