<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 年に1度の名刺入れ紛失 | main | 日常二景 >>
# 和三盆ロール長者
先日、弟夫婦が遊びに来た際のこと。弟嫁が「美味しい和三盆ロールが期間限定で、デパートにあったんだけど、お腹空いてたから先にランチ食べたら、売り切れちゃってた」と、のうのうとのたまうではないか。その場では「へえ、残念!」と言ったものの、和三盆ロールが食べたかったなあという思いは数日間消えず、ネットでお取り寄せするに至る。

和三盆ロールは思ったより長く、3本のうち、半分は近所の親戚へ、半分は母の友人へ、半分はちょうど来た近所の人たちへ、1本は職場へと消えた。そして、ひとつめの半分は小豆島の温麺へ、つぎの半分は黒糖ゼリー入りの和三盆ムースへ、もう半分はチョコレートの詰め合わせに、最後の一本は各地の銘菓となって戻ってきた。肝心の和三盆ロールだが、和三盆ならではの上品な甘さが、ふわりとした優しい生地と相まって、幸福な気持ちにさせてくれる。毎日これを食べたら、さぞや穏やかで優しい人になるのではないか、と思う。

今日はブルーベリージャムを作った。夜遅くにコトコトコトコトやっている時間っていうのも魔女のようで素敵だよなあ。が、コトコトやりすぎて煮詰めすぎたよ。
| comments(9) | trackbacks(0) | 01:51 | category: 喰らいネタ |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:51 | category: - |
コメント
タコ壷さん、初めまして。

ちょうど一年前に、嵐の大野くんの検索でこちらのブログに辿り着きました。以来、タコさまの個性的な記事と日常に魅せられて、その後も時々ROMさせてもらっていました。ちなみに大野くんの個展はとても面白かったですが、彼は決して「アーティスト」宣言したわけではありませんし、彼の真骨頂はダンスにあります(それは正にプロの業です)。

しかし今日はその話ではなく、この和三盆のお話!読んでいてどうしても食してみたくなり、私もネットでお取り寄せ、いよいよ明日届く予定です。ものすごく愉しみです!

そうそう、こちらのブログの表紙の高橋源一郎の文章、素敵ですね。彼のは『さようなら、ギャングたち』しか読んだことがないのですが(天才だなと思った憶えが…)、他の作品もまた読んでみたくなりました。

今後はまたROMのみになると思いますが、これからもセンス溢れるエントリ、愉しみにしております。
| ウツボ | 2009/02/27 11:16 PM |

>ウツボさま

遅レスすみません。
また、くすぐったいお言葉、ありがとうございます。
和三盆はいかがでしたか?
高橋源一郎も読んでみてくださいませ。

いったん、書かなくなったら、書くのが面倒になってしまったのですが、そろそろ再開しようと思います。

これからも、くだらないこと満載ですが、よろしくです!
| タコ | 2009/03/05 1:06 AM |

タコさま

和三盆ロール、美味しかったです。でも、今回購入したのがベストとも思えず、これから最高の和三盆ロール探しが始まるのかも。柴又に美味しいと評判の所があるみたいですね。お取り寄せはできないようなので、今度上京する際には行ってみようと思います。
| ウツボ | 2009/03/08 1:19 PM |

>ウツボさん

いろんなところから出てるようですもんね。あの優しい甘さは、くせになります。
いろいろ、是非とも教えてくださいませ。

あ、柴又にあるんですか?
意外に近いかも、うちから。
| | 2009/03/08 1:21 PM |

あ。上↑名無しですが、
わたくし、タコ壷です。
| タコ | 2009/03/08 1:29 PM |

柴又4丁目のBiscuit(ビスキュイ)というお店がすごく美味しいらしいですよ。予約するか、朝早くから並ぶしかないようですが。

若い頃は自称あんみつ評論家で、最終的に銀座の○乃子という店が一番だったのですが(目玉出るほど高いけど)、やっぱり好きな人多かったんですね、一昨年久し振りに行ったら味落ちててガッカリ。人気が出過ぎるとそういうこともあるから、評判といってもその通りかどうか分からないですけどね。 
| ウツボ | 2009/03/08 9:35 PM |

>ウツボさま

早速ありがとうございます!
燃えてきました。

鹿○子、昔は美味しかったですよね。高校生の分際で、よく食べておりましたが、めっきり足が遠のいています。あの頃と比べて、値段だけはすっかり高くなったです。子どもの頃はもっと安かった。

おすすめあんみつも教えてください!あと評価のポイントとか。ちなみにあたしの大好物は、あわぜんざいなのですが。
| タコ | 2009/03/08 9:46 PM |

タコさま

あわぜんざい…サスガに渋いところ突いてきますな。私は食べたことないような気がします。

一度だけのコメントのつもりだったので今更で恐縮ですが、私は多分、タコ様のお母様ぐらいの年代。私のいう「昔」とタコ様のそれでは20〜30年違っておるかと。私が初めて○乃子のあんみつ食べたのは38年ほども前になりますの。店が場所を変えて再開した時に、急に値上がりして腹が立ったので(笑)、もっと美味しいところを探してやる〜と思ったのがあんみつ行脚の始まりだったのです、多分。でも、主に、たまたま立ち寄った甘味処ばかりなので、店の名前もよく憶えていなければ、もう消えてる店も多いのかも。有名な所では、職場に近かった麻布○房とか、銀座方面なら東京羊○とか虎○とか、新宿なら追○団子とか、ですね。で、最終的には、やはり高いお金払っても○乃子が良かった、と。他の店、特に銀座の老舗は甘過ぎる店が多かったような気が。

決め手は、やはり豆と寒天の味でしょうか。寒天に味があったなんて、他の店のものを食べて○乃子に戻った時に、初めて気づきました。

…なんて、人様のブログで長々とカタってすみません。
| ウツボ | 2009/03/11 11:09 PM |

>ウツボさま

あまりコメントしてくださった方のお年を考えたことがなく、たいへん失礼致しました!

当時ブログがあったなら、ウツボさんのあんみつ行脚日記を拝読できたでしょうに、残念です。

東京羊○や虎○もよく行きました。○乃子は10年近く違うかな?という感じですが、○乃子の銀座新本店ができたのが昭和63年だそうで、たしか、この時1000円超えたんじゃなかったでしたっけ?つまり、バブル期だったわけですよね。

寒天の味、考えたこともなかったですが、今度気をつけて味わってみようと思います。ありがとうございました!
| タコ | 2009/03/13 2:21 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1218
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links