<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 日本シリーズへ行く | main | 丑三つ時の魔女レッスン >>
# キク科の100円鉢で宗教論争
先日、母が通っている病院のバザーで、鉢を4つ買って来た。コスモスやナデシコやらのほか、黄色い小さな花をつけるキク科であろう鉢を2つ。その名前不明の鉢のひとつが、何やらヤバい状況になってきたのが連休前のこと。水やりをサボっていたからだな、と水をやったらやり過ぎたようで、明らかに根腐れっぽい症状になった。水をやらずとも土がぐじゅぐじゅしている。葉は枯れ、新しい息吹があるかと思えば瀕死……。家に帰ったら、もう葬って成仏して欲しいという状態にまでなっていた。

あまり大きい声ではいえないのだが、園芸の知識も何もないくせに、植え替えやら剪定やらやたらいじるのが好きなので、この状態に萌えた。もとい、燃えた。すっかり涼しくなってはいるので植え替えにはどうかと思うのだが「これは緊急オペが必要であーる!」とスコップと剪定バサミと培養土と鉢底石と鉢を用意。新聞紙の上に鉢の中身をぶちまけた。正確にはぶちまけるのには湿り過ぎていて、ぐちゃっと出てきた。おおおおーーー!根が黒い!根腐れ根腐れ!ぐちゅっとしてるーーー。すでにたっぷりと腐った根は、本体から離れていた。土(というか泥?)に根はいっぱい混じっているのだが、整理すると、本体にちゃんと付いている根はわずか5cm、かろうじて白い。が、あまりに細い。新しい鉢に鉢底石と培養土を入れ、植え替えてやった。少しは呼吸が楽になったろう。

しかし、もう自力で立つ力のない茎はぐにゃりと曲がり、支柱を立ててやらないことには地面に立つことは不可能。さらに痛んだ葉や死んだ茎を始末したところ、傍目から見ると瀕死の中の瀕死。生きているとは思えないゾンビ状態。その植物はこう言った。「恥ずかしながら帰って参りました」。横井庄一氏であるね。あたしはヤツにこう言った。あんたにはまだ白い根がある。それこそがあんたの価値だ。帰ってきてくれてありがとう、と。まあ、無理矢理生きさせようとしてるんだけども。植物人間とはよく言うが(もう使えない表現なのかな)この植物はそれを超えた状態にある。かろうじてミイラではないが、即身仏になるためのビッグな修行中のような状態。では、このままこいつが枯れ果てたら、永遠の生命を獲得したと祝ってやらないといけないのだろうか。今の状態から復活したら奇跡である。じゃあ、復活は3日後……だっけか?

いったいこの名もなき植物が、仏教徒なのかイエス・キリストなのか、今後の生命活動によってわかってくるはずだ。100円の鉢だからと諦めるのが一番てっとり早いのだが、今はやることをやった満足感がある。今宵、鉢と別れる前に鉢に手を合わせて祈っておいた。自然と手は両手を組む形になった。両手の掌を合わせる形をとらなかったことで、自分の無意識下では、即身仏ではなく復活を望んでいることに気づいた。アーメン。
| comments(0) | trackbacks(0) | 02:25 | category: ハードコア園芸 |
# スポンサーサイト
| - | - | 02:25 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1189
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links