<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< コペンハーゲン街歩き(その他) | main | 実録!! オヤシラズ武闘派<乱闘篇> >>
# 実録!! オヤシラズ武闘派
<1日目・親知らず、飛び立つ>
朝起きたら、肩が痛かった。凝りがだいぶひどくなっているようだ。まあ、4日間で30時間エコノミークラスにいたし、何だかかんだで荷物も重かったので当然か。昼過ぎに近所でほぐしてもらった。その後、一度帰宅し、歯をしっかり磨いて決戦場へ赴く。本日は、いよいよ親不知を抜く日なのだ。

親不知に初めて苦しんだのは、もうだいぶ前の話。歯茎の腫れを引かせてから抜歯という流れは決まっていたのだが、腫れが引いて抜歯予定日の間に再び腫れやがった。よって抜歯は延期。その後も歯茎は腫れたがっていたのだが、薬でなだめすかして、この日に至った。
「あら、また腫れた跡があるけど、もう大丈夫ね」と、女医さん。麻酔を歯茎に打ってくれた後、口腔外科の若い男の先生に代わる。

「じゃあ、まずは麻酔が効いているかテストしますね」と男医。ガリガリやって、大丈夫だとか痛いとかフガフガ伝えると「もう少し、麻酔を打ちましょうか」ときた。そんな作業の最中、院長である女医が「まだ××××してないわよ」という。××部分は聞き取り不明。あ!という顔をした先生が慌てて座席のリクライニングを起こしてくれて「では、もう進めてしまいましたが、まずタコさんが今日何をするかお話ししますね!」という。名前は忘れてしまったが、歯茎の随分下の方(顎骨の方?)を通っている感覚神経と歯の根っこが強いので、仮に触れて傷つけた場合に、そこの感覚を失うケースがあるというのだ。外から顎を触っても、何かが触れている感覚は失われる。「それって、もう治らないのですか?一生ですか?」と尋ねると「そうですね。でも、100人に1〜2人ですから大丈夫ですよ」。理屈が通ってなくても納得できてしまう方なのだが、納得できないまま力なく笑顔を返した。

いよいよ始まった。若い先生は頭はよさそうだが経験が乏しいのか、ちょっとルーズでお茶目な性格なのだろうか。一生懸命、抜歯に集中するあまり、銀色の治療器具が口内の別なところにあたったり、口を飛び出して頬に向かって転がってきたりする。おそらくペンチ状のものだったのかなあ。笑いをこらえるのに必死だった。そのうち先生の「あ、素直に抜けてくれそうですねえ」との声がしたかと思うと、「あ!」という叫び声と同時に、親知らずはあろうことか、あたしの左顎下から顔を横断して右の顎を経て首筋から首まわりの後方を周回してきた。血まみれのまま。暴れん坊よのう。

腫れのピークは2日後だが「あまり腫れないかもしれませんね」とお墨付きをもらう。ロキソニンと何かを処方してもらい、無事に帰宅。口中血だらけで血の味がするが、直ると思えば別に良い。こんなんで済むなら早くやっとけばよかった!と思った。

しかし、異変は夕食前に起きたのだった。「だんだん冷えてきたね」と母と言い合い、ちょっと着替えたのだが、長T、トレーナー、パーカー、ダウンまで着込んでも寒い。
下もタイツ、スパッツ、スエットを履き込み、靴下は登山用の厚手のまで引っ張り出したのに寒い。首にいろいろ巻いてみるが寒い。家族に嫌がられながらそのまま食卓につくも、脂の乗った秋刀魚を前にしても箸はなかなか進まず、中座して床に就いた。確実に発熱している。

数時間後、一度熱を下げたので、先ほどの秋刀魚の続きを食べた。やっぱりしっかりした奥歯の1本でも抜くと、バランス崩して熱くらい出るもんなのねーとか思っていたが、今から考えると、驚くほど能天気だった。

<2日目>
午前中歯医者に行って、昨晩悪寒がひどかったことを告げた。想定内のようだった。院長先生が「思ったより回復が早いわね」と呟いていた。この日は午後から、morioさんとしきはんさんの「はりたま展」へ行った。このことはまた別途書くとして、たいへん素晴らしい針穴写真を堪能しきって戻ってきたのだが、数カ所徘徊の後、帰宅し、また発熱。38度7分。この日より痛みのために夜はほとんど眠れなくなる。発熱も38度後半〜39度前半を行ったりきたりし、左頬はまたもエースのジョーのような腫れ上がりっぷり。リンパ腺まで腫れているのか、唾を呑み込むのもたいへんで、左耳の奥は常に針で突かれているような痛さだ。口も開けられず、食事は流動食しか食べられなくなった。

<3日目>
一日中痛く不快。熱もあるので外出は素直に断念し、一日中寝ている。読書しながらとかではなく、薬のせいか本当に寝ているだけ。たまに痛みで目が覚める。あまりの痛みに起き上がってから何もせず、ぼーっと座っている。おそらく目の焦点は定まっていない。相変わらず物も食べられないが、そもそも食べたいという気持ちがない。空腹も感じない。

続きはまた。


| comments(2) | trackbacks(0) | 02:03 | category: その他 |
# スポンサーサイト
| - | - | 02:03 | category: - |
コメント
ええっ??そんなひどいの?養生してねん。
親知らず抜いた日からピンピンしてた気が。
確かに麻酔が抜けた後は少し痛かったけど。
この前八重歯抜いたときも翌日からラオス行ったしなぁ。
あたしが鈍感なのか。痛みに強くなってるのか。
| マリリン | 2008/10/20 3:18 PM |

>マリリン

ありがとね。
普通はそうみたいで、あたしもその予定だったけど、
あたしが弱すぎるんだろうね。
| タコ | 2008/10/24 8:45 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1180
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links