<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< コペンハーゲンにやってきた | main | とりあえずニューハウン >>
# ガッカリのためのてくてく散歩
絶対にガッカリするよ、と言われているものがある。そんな素晴らしくガッカリするものってどんなものかと思う。たいへんガッカリするのも、ある意味、人の心を動かしているものなのではないか。でも、大きなガッカリを期待してはいけない。だって、期待するとガッカリするんだから。そう考えると、ガッカリを期待してガッカリしにいくというのは、随分とねじれた行為なのではと思う。

朝、起きて朝食を食べて外に出た。誰がいうでもなく方向は決まっていた。「じゃあ、まずはガッカリいきますか」「ええ、ガッカリしときましょう」。非常にフラットな心持ちで、初めての街を歩き始めた。街一番のメインストリートであるストロイエを歩く。ジョージ・ジェンセンにロイヤルコペンハーゲン本店、高級ブランド店が並ぶとはいえ、雑然とした通りの様子には背筋が伸びる感覚もなく、田舎の商店街を歩いているような気さえする。


こっちの鳩は軒並み重量オーバーのメタボ体型


ガッカリに至る風景。


ガッカリまでの道のりはひたすら長い。何もないから妙にフラットな心理状態に。ストイックともいえる気分で目的に向かって進むことに。


色づいた木々が美しかった。天気もいいね。


韓国人ツアー客が写真撮影にはしゃいでいた教会前。実はこの教会にではなく、写真に写っていないゲフィオンの泉の前での記念撮影が意味不明にアツかった。スウェーデン王に「ひと晩に耕せるだけの土地を与える」と言われ、4人の息子を牛に変えてひと晩耕作させたゲフィオン母さんが、牛(息子たち)を鞭で打っている像だ。これは我々に何を伝えてくれているのか。勉強不足につき不明。


あ、あれでは?ちっちゃいー。


日本人ツアー客にまみれて近寄る。日本のご婦人が「憂いのある表情がとってもいいわー」と感激していた。30年後にはそういうことが素直に言える人になりたい。


人魚姫に見えるでしょうが、実はあたしが真似してるだけです。というのは嘘です、いうまでもなく。実はこの像、腕が切断されたり、ダイナマイトで爆破されたり、違う意味でもガッカリな代物。さんざんな目にあっている苦労人でもある。どこまでも苦しめられる人魚なのだ。

結果、ガッカリするために来たので目的は果たせたので、記念に征服の一服を。「人魚姫ってたしか哀しい話でしたよね」「アンデルセンの童話って哀しいのが多いんですよね」と会話するも、そこから膨らまず、一服の後に退散。

実はこの時、あたしの頭に浮かんでいたのは、小川未明の「赤いろうそくと人魚」だった。うちは母がダウナー気質なためか、読み聞かせてくれたのが小川未明のこの作品だったり、庄野英二の「星の牧場」だったりしていて、子どもの頃のお昼寝のひとときはそんなトーンの低い物語とともにまどろんでいた。親のせいにするわけではないが、今もって派手な物語が苦手なのはそこにある気がする。

さて、アンデルセン。こうやってラインナップを見ると、やはり素晴らしい作品が多い。ダウナーな子ども時代、「マッチ売りの少女」の後半が好きだったなあ。「雪の女王」もいい話だった。基本的に暗いのです。あたしも。
| comments(5) | trackbacks(0) | 03:01 | category: 旅・旅・旅 |
# スポンサーサイト
| - | - | 03:01 | category: - |
コメント
まるで良質のロードムービーを見るかのごとき、ガッカリの散歩です!!
期待通りガッカリさせてくれる人魚姫の負のパワーに、あらためて感じ入りました。いつの日か、針穴カメラでガッカリを絡めとりたいと浮き足立っています(日本語が変)。
| morio0101 | 2008/10/11 11:13 PM |

ひとつ書き忘れました。

大阪港(海遊館の近く)にはデンマークから寄贈された人魚姫の像がありまして、これがまたとんでもなくガッカリな代物です。薄汚い海水に洗われて、みすぼらしさ満点です。大阪にいらっしゃった折には、ぜひガッカリしに行ってください。
| morio0101 | 2008/10/11 11:18 PM |

>morioさん

恐縮です。ガッカリというのは何か対象の後にあるべきものなのに、その前にガッカリがあるというのが間違ってますね。同様に喜ぶ前に「喜び組」があるのもおかしい。

大阪の人魚、会いにいきたいですね。
なんだかガッカリ巡りをライフワークにしたいわ。
次回はりたまのテーマは「積極的落胆」にしませんか?
| タコ | 2008/10/12 1:19 AM |

おかえりなさーい。

がっかり探索散歩、すばらしい!堪能しました。しかし、お昼寝のときの読み聞かせが「赤いろうそくと人魚」とは・・・タコ母、ステキすぎ。

ところで世界四大がっかり(および三大の候補)って、
 ・シンガポールのマーライオン
 ・コペンハーゲンの人魚姫
 ・ブリュッセルの小便小僧
 ・シドニーのオペラハウス
なんですね。人魚姫以外は見たことあるけど、この中ならマーライオンに一票だなあ。私としては是非これに加えて「トロイの木馬」を入れたいんだけども。
タコちゃんは見たことあると思うけど、あれはがっかりするよねぇ・・・
| ayano | 2008/10/12 11:05 AM |

>あやのちゃん

トロイ、がっかりしに行ったことないのよね。
でも、あれはきっと胸を張ってがっかりだと思います。
まだまだコペンハーゲン続きますー。
| タコ | 2008/10/24 8:40 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1177
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links