<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 露出の品格 | main | ビバ!アカウンタビリティ←S向きサービス >>
# 吸引は犯罪じゃなかったんだ。
とうとう北の湖理事長が辞任した。早く辞任しろ!と思っていたが、いざ辞任するとなると何だかあっさりしすぎていて、テレビに向かって辞任を訴えていた方が、自分としてはイキイキしていたような気がする。同じく星野JAPANも熱闘の末にメダルでも獲ってきていたら、ここまで固執するようなこともなく、あっさり忘れていたんだろう。

週末は、五輪反省会を開催した。残念ながらayanoちゃんは急遽不参加となったが、morioさん、うちの3人、クーシュカブラザーズ、そして飛び入りで若が参加。電車が止まっていたりしてバラバラの到着だった。まあ、結局、五輪反省会なんて口実で、関係ない話になるんだろうなあと思っていたら、意外や意外、終始ほぼ五輪ネタで盛り上がる。まあ、五輪なんだけど、話題の軸になったのはポニョ。詳細は省くが、時事ネタを織り込むことで五輪が立体的な魅力をもったわけだ。……ほんとかいな。議題はmorioさんがまとめてくださったので、そちらをご覧ください

何だかんだ見ていると、素直に興奮し、安堵し、落胆し、立腹し、落涙し、感情をフルに使うことになる。そういう感動を抱えつつも、見ているうちに勝敗や選手のストーリーとは別の情報が、視覚や聴覚からさまざインプットされていく。あの自身の脳や感覚がフル回転している状態で何をつかんだか、というのが反省会の重要な点だ。とか言ってみる。決して斜に構えているわけでもなく、ど真ん中で感動している。だけど、細部が気になる。今回の反省会出席メンバーは、その点がすばらしく、とっても楽しかった。クーシュカとあたしはシドニーから五輪ゲノムという4年に1度の五輪ウォッチャー活動をしていたが、やっぱり人数が多いといろんな角度から情報が上がってきて楽しなあと、パンダレストランの個室で思っていた。楽しかったなあと思いながら風呂に浸かり、楽しかったなあと布団に潜り込んだ。翌朝、目覚めたときに喉と肺の間から鼻に抜けたのは、紹興酒の香りだった。うおっと思いつつも、そこでまた、昨夜は楽しかったなあと思い返した。

相撲事件。今回初めて、大麻の譲渡・所持・栽培は犯罪だが、吸引は犯罪でないことを知った。露鵬たちの側には何だか妙に理屈を捏ねて憎ったらしい弁護士が付いているのだが、弁護士が主張できる要素がいっぱいあるのが今回の事件なのだなと思った。大麻の吸引を法律で禁止できないのには勿論理由があり、成分であるカンナビノイドは、医薬品にも使用されているしるそうだ。また、国内で許可を取って大麻を栽培している人は、知らず知らずに吸ってしまう可能性があるという。結果、大麻吸引を法律で禁止してしまうと、冤罪が増えてしまうからというのが理由らしい(ソースはYahoo!知恵袋)。日本唯一の権威あるドーピング検査機関がクロと言っているのは、この可能性を排除して黒と言っているのだろうが、結局のところこの事件は、そういうグレーゾーンに片足を突っ込んでしまったわけだ。余談だが、未成年者の喫煙も本人は裁かれず、親権者と売った人が罪となる。
ちょっと頭が良くなったような気がした。

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:24 | category: スポーツ |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:24 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1164
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links