<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 総天然ブラザーズ | main | 親不知でようやく歯医者へ >>
# もろもろメモ
昨日はKがBRUTUSの副編集長がやっている「フクヘン展」に誘ってくれた。行く気マンマンだったのだが、会社を出る直前になって、急遽いわゆる“待ち”の作業が発生し、遅れた。間に合わなかった。では、ご飯だけでもと思ったのだが、お目当ての店は満員だったらしく、結局、家に帰ってニュースを見ながら夕飯を食べていた。そこで耳に入って来たのが「夜9時半から福田首相が緊急記者会見を開く予定です」の一言。俄然祭りモードにシフトチェンジ。夕飯と記者会見の間、朝刊を読んだり、本日の首相の動きをチェックして待つ。記者会見では、福田という人間の性格が端的によく表れていた。決して褒められたことではないが、安倍の後、登板したこの人がこういう結末を迎えることは、あの時に予見していたシナリオの2つのうちの1つだったような気がする。とにかく、もう辞任したのだから、そこにピーピー言っても仕方ない。前に進もう。で、その前というのは目前の次期首相に関しての党内の様々な動きのことではない。政治の権力を巡る駆け引きというのは人間臭く、関係ないものにとっては胡散臭く、観察対象としては妙に魅力的なのだが、それではない。しかし、なんであの森が長年こんな役割を担っているのかねえと思う。そこがもうね、だめだ。自民は。

で、話を戻すと、20時に終わる「フクヘン展」に行けなかったということは、17時に最終日を迎えた「デザイン物産展」にも行けなかった。時折、ナガオカ氏のブログは読んでいるので、この準備にたいへんな労力をかけているのは知っていたが、日数があまりに短くて残念。先週、このサイトを見ていたのだが、サイトからよく伝わってこなかったのが、
普段ナガオカ氏が批判している地方のジャパンデザイン振興、なんだか単語を忘れてしまったのでちょっと違うかもしれないが、要は「デザインで地方を盛り上げよう」という官主導の流れがあって、助成金を出してくれたりするのだが、結局は東京から著名なデザイナーを呼んだり、馬鹿に高いデザインフィーを払ったりして、その冠でデザインに箔をつけてるだけのような動きがある。冠はともかくとして、とりあえずイマドキ風なデザインに代わり、デザイン工芸としてわかりやすく注目を浴びる。結果として見た場合、それと今回の展示はどう違うのだろうか、というのが一番見たかった部分だった。行かれた方、どうだったのでしょうか。

デザインバブルはまだまだ続いているのだろうか。一連の動きの中で、自己主張するだけのデザインが悪いデザインとして認識されるようにはなってきたと思う。でも、今も溢れるデザインという言葉に、あたしのような一般人は辟易する感がある。便利な言葉に寄っかかり過ぎて、あらぬ誤解を生んだ例だろう。いろいろ教えて欲しいことがあるのだが、時間がないので次回。

| comments(2) | trackbacks(0) | 10:02 | category: 美術 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:02 | category: - |
コメント
ひとまず外から偉い人を招いて無理矢理生み出したようなものはなかったです。各地域で生み育まれてきた良いものが並べられていましたよ。お手元のあいぽんで、下のURLにアクセスなさると、今回展示された各地の物産を御覧になることができます。
http://designbussan.jp/
ただこうした催事を東京(周辺)の人だけが享受できるところに、また別の問題がありましょうか。それから商品の向こう側に確かに存在するかの地の人や生活などを考えずに、いいとこだけを掠めとっているような感じもなきにしもあらずです。穿ち過ぎでしょうかね。
| morio0101 | 2008/09/04 12:42 AM |

>morioさん

サンクスです。のちほどあいぽんに送ります!
リストだけは何回も見ていて、う!あ!と思っていたのですが、親不知のために週末は引きこもり、あっという間に見逃してしまったのが残念。60VISIONとアイデアは買ったけど、展覧会の本はどうだったんでしょうか?

>穿ち過ぎでしょうかね

でも、穿ちがいのあるところですよね。
行動して矛盾が出るのは、行動しないで矛盾が出るよりはいい。きっと、今後もこの活動はいろんな矛盾を孕みながら試行錯誤で進んでいくのかな、と思います。
この物産展の展示については見てないので何ともいえないけど、こうしてモノを取り上げるときに、気になるのはモノの背景です。あたしは。人であり環境であり、そのモノになる何らかの必然性です。まあ、そんなの関係ない場合もあるんだけど、数多あるモノからそれを選ぶ何かしらの理由ってあります。そういうきちんとした情報がきちんと伝わればいいのかも。
でも、スーパーの野菜のトレーサビリティはあんまり好きじゃないかも。なんなんだろ。

| タコ | 2008/09/04 1:51 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1159
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links