<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 無用で多忙な盆休み | main | 千々石ミゲルも五輪に夢中らしい。 >>
# 最新トレンドに挑む愚弟
星野JAPAN、崖っぷちの韓国戦に臨む前に、ダルが、まぁくんが、それに続いて阿部慎が、ムネリンが。前の2人はまだ甲子園の印象も強いはずなのだが、甲子園を思い出させるまぁくんに対し、ダルはとってもカッコよく高校球児のそれとは明らかに異なっていた。阿部慎は置いておいて、ムネリンもかわいすぎる。新井のツーランの後に2点取られて追いつかれ、かなりヤバい状況なのにベンチが映るたびにダルとムネリンのスキンヘッド姿(帽子着用)にキュンとした。9回表、日本はまさかの3失点。一球入魂で画面に念を送っていたのだが、ベンチの2人が映ると、ふと雑念が入る。「しっかり抑えろー!!!………うわ、かっこいい!」みたいな。今日の9回表の失点ぶりは悪夢だった。あたしも自らの真剣さの不足を反省している。

試合前に弟嫁から、愚弟がダルとムネリンの真似をして頭を刈るとの情報をキャッチした。「石井(柔道金メダリスト)にならないようにね。あたしは伊調姉(レスリング銀メダリスト)にする!」と言っていたのだが、蓋を開けてみればヤツは石井になってしまったらしく、石井化した画像が送られてきた。石井に似ていること、即ち亀田兄弟である。

昨日の石井は強かった。かつ、総合格闘技好きにはたまらないキャラである。五輪壮行会で「ウツでも金!」と言い放った選手がいたのは知っていたが、それが彼だったとは。ここ3日間で石井の迷エピソード、珍エピソードの類いを集めたので、いずれご紹介したいと思う(いらない?)。いいんだよーーー。うちは今朝、朝日新聞・日経新聞・日刊スポーツの3紙を読んだが、家族の誰もが同じ情報源で仕入れた石井のエピソードを語りたがり、夕方には「石井が国士舘高校に転入するときにさ」と誰かが言うと、その後のエピソードをあたしが語り出すという具合だった。上の句と下の句みたいなもんだ。百人一首的な遊びもできるだろう。ただし、カードはすべて蝉丸的スキンヘッドの絵柄となるが。まあ、真面目なことを言えば、不甲斐ない結果に終わった男子柔道のラストを締め、しかも金メダルをとったのは石井であったことは、今後の男子柔道を見直す上で象徴的だったとしみじみ思う。本人が尊敬する人として朝青龍の名を挙げているのが、やっぱりね、という感じだ。朝青龍好きとしては、これまた、たまらない。

今日はレスリングでは伊調千春に泣き、吉田沙保里に泣いた。あたしは漢な女子が好きで、古くはソフトボールの安藤が好きだったのだが、伊調千春にもそれを感じる。1回戦から終始ハラハラする試合だったが、決勝では完敗だったろう。一方、吉田は危なげないものの手堅過ぎ、それが心配だったが、決勝では真の強さを見せてくれた。193連勝で臨み、破れたのが半年前。連勝ストップはあたしもショックだったが、本人の苦しみやいかに。その“いかに”を少しでも想像し、共感することは五輪の醍醐味のひとつだと思っている。人の真剣な苦しみを醍醐味といっていいものかどうか迷うが。

内柴(柔道・金メダリスト)が「オリンピックは物語のある人間が勝つ」と言っていたらしいが、今回、北京でメダルを獲った日本人選手を見ていると、まさにそう思う。勝谷コラムニストも物語について言及していたが、観ている側の感動は背後の物語を共有することで、より強くなる。スポーツ観戦に興味のない人からすると暑苦しい話かもしれないが、事実そうなのだ。こうして物語が厚みを増した挙げ句、ついにはハッピーエンドで終わるというのは常道だが、常道はど真ん中で人の心を動かすものなのだ。いつもは嫌いなはずのこういうことを、素直に受け入れられるっていうのは何なのだろうか。

あたしの競技・競泳は、今日、中村礼子の銅メダルがあった。明日はいよいよ競泳最終日だ。フェルプスの8冠、そして北島康介のラスト五輪スイム(ともの男子400mメドレーリレー)のほかにいろいろあるのだが、とにかく競泳が終わるとさみしい。

で、アップする前に寝てしまい、一夜明けた。
| comments(7) | trackbacks(0) | 09:45 | category: スポーツ |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:45 | category: - |
コメント
石井、蝉丸・・・うぷぷぷ。
ウツでも金、朝っぱらから笑わせていただきました。
エピソード集、是非。
| ayano | 2008/08/17 10:34 AM |

石井君、金メダルを首にかけて報道陣に見せつけていた表情はまさに朝青龍でした。あと小川直也の道場に総合格闘技を習いに行っていたとかも、見事に彼のキャラにはまってますね。ぜひ次は「柔道ファンの皆さん、目をさましてくださ〜い!」と言ってほしいです。
浜口京子が金メダルをなかなか獲れないのは、物語が多すぎるからでしょうか。今回こそ獲らせてあげたかったなぁ。そしたら、これ以上ないほどの大団円だったと思います。アニマル浜口、号泣でね。
| morio0101 | 2008/08/18 12:25 AM |

>ayanoちゃん

ありがと!できたら連絡しまーす!

>morioさん

小川道場は札作って待ってるって言ってました。
「アイムチキン」と「ウツでも金」の自虐度も似てる?
京子には金メダル獲って欲しかったですね。
でも、内心は銅メダルでもよくやったと思う。

あたしの五輪狂騒曲は昨日で終わってしまいました。
今日から落ち着いて観戦する予定です。
ちなみに今日は5時から鈴本に行くので、仕事ズル休みの予定。野球のカナダ戦でも観ようっと。
| タコ | 2008/08/18 9:10 AM |

レスリング,伊調千春と浜口京子には金メダル獲って欲しかったですけど,二人とも笑顔だったことに救われました.伊調千春は,アテネでは同じ銀でも悔しさが全面に出ていましたが,今回の方が清清しい表情でしたので.そして浜口京子が3位決定戦に勝ったとき,本当に嬉しさを全身で表現していてこっちも泣けてきました.これまで不可解な判定に泣かされてきたので,そういう意味では納得できる試合(負け)だったし,良かったです.それにしても浜口京子のあの笑顔は,見ている人をHappyにさせる最高の笑顔ですね.なんて可愛い人なんだろう,って思いました.顔の造りも重要ですが,表情というファクターは大きい!と実感(←悪い意味ではなく)

長文すみません.オリンピック等を初め,スポ根モノに対する涙腺が弱いのです..他の事に関してはかなりドライな方なんですけど.
| 孤高の人 | 2008/08/18 10:40 AM |

>孤高の人さま

愛国者と蔑まされても、あたしも五輪大好きです。
ドストレートに感動するし、ウルッとくることも多数。
また、ツッコミどころも満載だし。

常軌を逸した努力っぷりは、凡人からすると珍エピソードにしかとれないものも多数ですが、その影では同じ様に努力を重ね、世間的には何者にもなれない存在もあるんですね。などということを考えつつ、明日から1週間はトップアスリートのつもりで生きてみようと思います。

さて、五輪後半戦、どんなストーリーが生まれることやら。今夜はなでしこですよ!なでしこ!
| タコ | 2008/08/18 10:54 AM |

久しぶりっ!ちょっとケータイ変えたの?アドレス知らないんだけどっ!
あんたやKがビックリするくらい、今回の北京五輪観てるよ。
彼が、すげーー五輪好きなんよ。で、話を合わせる為に見始め
社内で見て、家帰って見て、録画を見て、ネットで見て。
色々と書きたいこともあるんだけど、あんたらに怒られそうだからな。
ただ 体操の子以外はアスリートとしての「地獄」を見て
「覚悟」を持った人だけが、メダル取ってるよね。
北島の2連覇は泣けたんだけど・・・した途端、「SMAP×SMAP」への
出演を決めたっていうのがな〜。こんなこと書いたらKに怒られるか。
日本の選手のことは、つけ焼き刃だけど、外国の選手については
あんたたちに負けないくらいマニアックなとこまで調べてるよ。
もうね、五輪選手のルックス(と体)ベスト20くらいまで
ランキングするさ!
ボートがね、結構カッコイイんだよ!ユニフォームもヤラシイし。
| マリリン | 2008/08/19 2:49 PM |

>マリリン

うぃっす。アドレス変更メール出したら弾かれたので
そのままでした。あたしのgmailのアドレス知ってる?
それがそのままケータイメールです。
明日送るね。

北島、スマスマか…。
五輪選手のルックスベスト20、ブログでやってる?
もう最近、自分のことで精一杯な毎日でゴメン。
自分っていうか五輪か。五輪=自分……。

| タコ | 2008/08/19 9:58 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1150
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links