<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 固唾を呑んだくれるポスター | main | 助役vs助役にほのぼの。 >>
# 野次馬日記
昨夜は秋葉原無差別殺人事件(あれを通り魔と呼びたくない)のことを、と思って長々と外から見た秋葉原の街について書いていた。秋葉原は地理的には身近にあり、通ることは多いのだが、いつも外から見ていた。そんな立場から秋葉原という土地について書くつもりが、途中から秋葉原の隣にある御茶の水の話になり、「あたしと神保町界隈」という0歳から三十路までを書き連ねるような作文にすりかわったので、放置した。1日たったら言いたかったことはマスメディアでほぼ出尽くしていた。あらためて、ひどい事件だ。ひどすぎる事件。ひどすぎる事件が続く。かつてならば犯罪史に残るような事件がどんどん起きては、また新しい事件に押されて記憶が薄まってゆくのだが、ひどすぎる事件が共通してもつ得体の黒くて重くて知れない気体だけがそこに残り、みるみる厚みを増しているように思える。

いくつかの事件を追っている。とはいえ、刑事でもジャーナリストでもないので、ニュースサイトを追い、週刊誌やスポーツ新聞の記事を追い、2ちゃんを追うだけだ。我ながら何が知りたくて追っているのかよくわからないのだが、追っている。たくさんの事件の中で、何故その事件なのかという自覚もないが、自分が知りたいことは何かということも、知りたいことは実はすでに知っていることも本当はわかっている気がする。でも、きっと何もわかってない。毎度のごとく、あたしは一番反応すべきど真ん中のことに反応してないで、その周辺ばかりに気を取られているのではないだろうか。きっとそうだ。
| comments(2) | trackbacks(0) | 23:35 | category: 社会問題? |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:35 | category: - |
コメント
本当にひどい。ひどくて色んなことを考えたけど
ブログに書くことが、犯人の本望の一部でもあるような気がして
書きたくない。死刑すらもったいない。
酒鬼薔薇の事件のとき、中学生の子が犯人なの?って
凄まじく衝撃を受けたことも遠い昔。凄惨な事件が日常になってるよ。
あと「恥」って文化が消え失せたのかな〜。
あんたの前のエントリーじゃないけど、電車の床に座り込むサラリーマン
電車の中でお弁当を広げだす家族連れ
そして、秋葉原の事件現場をケータイで写メしだす人々
(あたしはテレビ局のカメラが待っているのを知ってて
花束を持っていく見ず知らずの人間の善良さも、ダメだ)
みんな「恥ずかしくないのかな〜」って黒い空気に覆われるよ。
| マリリン | 2008/06/10 10:26 AM |

>マリリンちゃん

江東区の事件にせよ、パッと見、鬼畜と思えないところもまた怖し。
恥については大いに同意。
今回も事件後の秋葉原の風景に頭を抱えた。
神経がまったくわからない。

で、これと全然関係ないんだけど、最近、職場で「自分が自分が」という人が多いのに疲れを感じるんだけど、マリリンの職場もそう?職業柄?
どうすればあんなに謙虚さのかけらもない振る舞いができるんだろうと、謎で謎で。
| タコ | 2008/06/11 6:35 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1111
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links