<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 細野晴臣&ワールドシャイネス@ビルボードライブ | main | 呑みたい人・呑みたくない人 >>
# 身の丈知らずのランチ
初めてのビルボードライブの前日、初めての自腹高級ランチをした。どんどん日付を遡っていく日記を書くような意図はないのだが。最近の日々の悲惨さを考えるとちょっとこれってギャスパー・ノエの「アレックス」みたい?となると、あたしは主役だからモニカ・ベルッチ?とか言ってると、どこで人にぶっ飛ばされるかわからないからやめよう。しかし、あの映画を見て以来、夜の地下道がトラウマになっている。

さてさて、雨の平日の昼間、銀座へ向かった。目指すはロオジエ。随分長く東京フレンチの王者として君臨し、最近では「ミシュラン三ツ星」「プリンセス雅子御用達」として知られる店。みなさん、身の丈知らずでごめんなさい。たいへん以前に一時期だけ仲の良かった人はこの店が好きで「いくらすんの?」と聞いたら「4万はかかるなあ」と言われ、こいつとは絶対長く続かないと思ったら、案の定続かなかった。という本邦初公開のネタをここで披露するのは、誘ってくれたMへの少しばかりのプレゼントである。人生いろいろあるのさ。

ようよう、お待たせ〜!と入口に入ると、Mが座っていた。いやみのないにこやかさでお店の人が2階へ案内してくれる。初めて来たのに、初めて来たのでないような、そんな風な接客。螺旋階段をのぼって着いた2階に広がるフロアは、さほど広くない。重厚さがなくシンプルで明るめのインテリア。メートル・ド・テルと言うべきかギャルソンなのかウェイターか。スタッフの数はテーブルに比して多い。店内9割以上が女性。我々どう考えても最年少だし、どう考えてもよくいえばカジュアル。悪くいえば子ども感たっぷり。

ランチのコースは6000円・8000円・10000円。あらかじめMに聞いていて、聞いた瞬間ビビったのだが「では、8000円にしよう」と打ち合わせ済み。プリフィクスで4種類くらいから選べる。こういうのは一瞬にして決めるのだが、困ったことにもうすでに記憶がないので写真だけ。躊躇しつつも、子ども感たっぷりなところで開き直り、盗み撮りを重ねたのだった……。



















しかし、こんなヤツに対してでも自然な感じ良さをもったサービスをしてくれる。そしていずれの皿も繊細で美味しい。味つけ・盛りつけの加減も、絶妙の過不足のなさだ。グラスワインが充実しているのもうれしい。ひと皿ひと皿出て来たときには毎回気分が盛り上がるのだが(コース料理はそういうもんか)、一番アガッたのはデザートもといデセール。頼んだデザートが終わった頃に、プチフールやチョコレートやフルーツを載せたワゴンがコロコロやってくる。あの時の高揚といったらない。あたしですら黄色い声をあげた、と言えばおわかりの方はおわかりであろう。滅多にないこと。これは女子なら絶対アガるはず。ワゴン泥棒もやぶさかでない。ちなみに現在の2代目(だよね?)のフランス人シェフは、ショコラティエ一家の出身であり、ショコラ使いには誇りをもっている(と思われる)。

結論。シャンパンとグラスワインとガス入りウォーターを加えて一人1万2000円。ランチにこの額はどう考えても高いだろう。しかし、普段、ランチの外食でつまらない料理に1200円払っていたことを考えると、それ10回よりこの方が遥かにいい。また、つまらない飲みに6000円くらい使うことを考えたら、その2回分でこれだけ幸せになれるのは遥かにいいお金の使い方だ。まあ、お気づきの人はお気づきのように、2回の飲みが減るわけはなく、こんな思考法ではお金が飛ぶ様になくなるのだ……。
| comments(11) | trackbacks(0) | 01:41 | category: 喰らいネタ |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:41 | category: - |
コメント
良かったでしょ!ロオジエ!!
そして、最後に出てきたデザート(チョコ)のワゴン。
母と一緒に行ったのに、ピンク色の声あげちゃったもん。
サービスも押し付けがましくないしね。
あぁーーまた行きたいっ!!
あんたには罵倒されると思ってたのだにゃーー。
良かった良かった。
| マリリン | 2008/05/16 4:05 PM |

>マリリン

あれはヤバいね〜〜。
無駄金叩いていろいろ経験してみるもんだね。
まあ、ホントは無駄金なんて一切ない貧者だけども。

>あんたには罵倒される

なんであたしってそういうキャラなのー。
冷静だから?批判的だから?賢そうだから?
……あ、オトメヂカラが足りないからか。
| タコ | 2008/05/16 10:43 PM |

私も「アレックス」は忘れられないよ……「モニカ・ベルッチが観たい」という一心で、ストーリーをロクに確認せずに観たんだけど、しばらく地下道怖かった。未だに暗いところで消火器見るとドキッとするの(変?)
| ayano | 2008/05/17 7:30 AM |

あ、ロオジエのこと書いてなかった。

1人12000円のランチか〜!凄いね。でも行ってみたいなあ。前から気になってたんだけど、ミシュランで三つ星になって超有名になった瞬間「やっぱり行かなくていいや」とか思ってしまってたんだけど。

で、ミシュランは罪作りだよなあとあの頃思ったわけです。雅子妃は「公務はできないのにミシュランの三つ星レストランは行けるのか」みたいな陰口をたたかれてたよねえ。
でもさ、その食事会を開いた人の立場になってみれば、皇太子妃と食事するのに、適当な店ってわけにいかないでしょう。多分すごく悩んだ結果この店を選んだんだと思うんだよね。で、食事会の直後、絶妙なタイミングでミシュランに三つ星付けられて、ついてないなあ、雅子さま、なんて思ったのでした、当時。
(皇室の話題にはまるで興味がないが、雅子妃は非常に気の毒だよなあと常々思っているワタクシ)

| ayano | 2008/05/17 7:37 AM |

>ayanoちゃん

あれはトラウマ映画だよね…でも、同時にモニカのムチムチ肢体とラストシーンの幸福いっぱい美しさも印象に残っています。
実は肉美女モニカ・ベルッチ、モデル時代から好きなのだ。食べる肉も見る肉も好き…。

あたしも雅子さんのあのタイミングは気の毒だと思う。
ミシュラン店にあたしが行ったことある店はあまりなかったけど、ミシュラン前から名前知ってる店がほとんどじゃない。彼女らにとってはフツーだよね。ミシュラン掲載の和食屋でも、雅子さまら一族がよく来るって聞いたことあったけど。そこはその手の和食店としては、かなり手頃な価格です。

とくに本の発売の時に槍玉にあがったのが「ロオジエ」だったと思う。1回○万円とか言われてね。フツーの人は行けないだろう、と。まあ、行けないのは事実だけど、好きな人は大した収入がなくても行く。
趣味なんてそんな酔狂なもん。

例えばオーディオのケーブルに百万円とか言われたらこっちはビビるけど、好きな人には当然払っていい額だったりする。
そういうのに比べたら安い趣味だよなあと思う。
食はあらゆる人に機会のあるもんだから、余計に過敏になるんだろうけどね。

たしかに1万2000円は高い。
でも、行くと1万2000円出してこんだけの思いができたならよかった!と思うよ。話が逸れまくった上に、エントリー1本書けそうなことをはしょって書いてるので意味わかんないかもしれないけど、是非行ってみて。
| タコ | 2008/05/17 11:00 AM |

フルコース全部、きれいなお菓子に見えてしまうワタシです。
ちなみに全然カンケーないけど、とある知人は昔某ホテルで宴会のキャプテンをやっていて、裏に下がってきたチキンレバーのテリーヌを「モカ味のケーキ」と信じて盗み食いしてショーゲキのあまり悶絶したそうです。

雅子さまは常々お気の毒だと思ってます。
皇室関係者に人権はないのかよ!と、結構怒ることしばしば。
同じ年で同じような時期に結婚したので、不敬にも勝手に親近感を持ってます。持つなよ、オマエ、て感じですが。
| | 2008/05/22 11:35 PM |

スミマセン。
また名無しになっていました。
こんどはしらふです。
スミマセン。
| アリーマ | 2008/05/22 11:36 PM |

>ハマの雅子さま

キレイなお菓子というのは本質を突いているかもしれません。アホOL連れてったらイチッコロですよ、イチッコロ。
あたくしたちにそういうチャンスはないことを祈りますが。

>テリーヌvsモカ味
こういう時って往々にして不味く感じて吐き出しそうになりませんか?用意周到な舌を時折恨めしく思います。

>しらふ
嗚呼、珍奇な!こちらは築地の蕎麦屋で日本酒呑んだくれて、逆立ちしてもしらふといえません。
もっとも、今は逆立ち不可能です。

| タコ | 2008/05/22 11:42 PM |

ワタシはそういうイチッコロな目に是非あいたいです。昼下がりにキレイなお菓子みたいな、真実うまいフレンチのコースを喰うって、まさにオトナ向けな状況だわ、と思います。

しかし、日本という悲しい国は、不惑を過ぎたオンナにそ〜んなイチッコロをゆるしてくれやしません。この際、メシ喰う間だけアホOLの擬態を導入してもいいですね。しかし一言でも口をきいたらオワリという、ファンタジーな情況になります。

そうです。
日本という国がいけないのです。
そうにきまっているわ。

もちろん自腹で優雅にいただくのも美しいです。
目の前にウマソウでもない男がいるよりよほどよいかもしれません。

現在、半覚醒状態です。
両国で昼夜ビールでちゃんこでした。飲みすぎよりは、クイスギのせいで眠いです。逆立ちしたら、きっとちゃんこが二種類順に・・・スミマセン、もう寝ます。

そうそう、だから日本という国にはよいこともあるのです。
| アリーマ | 2008/05/23 11:26 PM |

日本の皆さん、こんにちは! このサイトは、ギャスパー・ノエの非公式ファンサイトです : http://www.letempsdetruittout.net/gasparnoe/
| Fred | 2008/05/25 5:37 PM |

>アリーマさん

イチッコロを積み重ねて大人になりたかったかも。

職場の女子呑みを断り続けていたら、
ついに誘われなくなりました。
「あたしって女の敵なのかしら?」と考えてみたのですが、相変わらずオッサンとは呑みに行くものの、
どう考えてもそんなタマではないため、
イチッコロ待遇も受けてません。

来月も自腹でゼイゼイ言いながらランチしてきまーす。
こちら現在、しらふ!

>FREDさま

どうもどうも。
日本のモニカ・ベルッチです。
BとHのサイズだけ。
| タコ | 2008/05/26 10:04 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1097
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links