<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 路面電車@松山 | main | 瀕死の食べ歩き@道後温泉 >>
# 晴れ人間と雨人間
晴れ男、晴れ女、雨男、雨女という言葉がある。「俺、雪男」「あたし、雪女」という会話は聞かないが、降雪量の多い地域にはあるんだろうか。最近出かけた松山と山口、いずれもTと出かけたのだが、我々2人とも雨人間である。見事に雨が降った。もっともあたしが「嵐を呼ぶ女」と呼ばれているのに対し、Tは「小雨男」らしい。なんてかわいいのだ。

「だいたい人間がいっぱいいるのに、てめえ1人のせいで天候が変わるわきゃないだろ!」という説もあるのだが、例えばその日、その瞬間の東京中の晴れ男・晴れ女が疲れ気味で、雨男・雨女の総エネルギー量がそれに勝っていたらどうなるか。雨人間が分泌するホルモンのような何かが空気中に排出され、空を覆い、雲をどんどん厚くし、しまいには雨を降らすこともあるのではないか。

気象予報士は天気図を読み、その日の天気を予測する。大陸からの雲の流れや地球全体の大気の流れの話は、地球がひとつの惑星であることを思い出させてくれるが、これをタテ糸として、ヨコ糸には晴れ人間、雨人間のその日のバイオリズムが組み込まれているとしたらどうか。人間だけではない。晴れ熊、雨ノミ、晴れクローバー、雨マグロなどなど、生きとし生けるものすべては先天的に天候を左右する要素を持って生まれているのかもしれない。さらに気圧の流れも影響して、その日の天気となるのではないだろうか。なんてわけはないのだろう。
| comments(6) | trackbacks(0) | 11:07 | category: 社会問題? |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:07 | category: - |
コメント
嵐を呼ぶ女&小雨男
…(^^)なんか良い〜♪
ちょっぴり杏子とコンタみたいだぁ
| 花侍 | 2008/05/10 12:15 PM |

>花侍ちゃん

いまだにバービーが歌う男女の世界が、
あたしには来ないよ。
大人になったはずなのに。
| タコ | 2008/05/10 12:19 PM |

砂漠地帯に雨人間を送り込もう。
でも、あの暑さに参って雨人間が疲れ気味になってしまったら意味ないのか。。
| エックン | 2008/05/10 3:16 PM |

>エックン

あの暑さじゃ、疲れて萎んじゃうー。
求ム同士!
| タコ | 2008/05/11 12:34 AM |

晴れ男、雨女・・・
なんと、温めていたネタがここに登場するとは!
なので、楽しく読ませていただきました。

ちなみに私のネタは温めすぎて過発酵。
ドロドロになってしまったので、もう世には出せません。
| タカサレ | 2008/05/11 1:47 AM |

>タカサレさま

温めてたんですか!
醗酵食品好きとしては
その珍味中の珍味、是非味わいたいです。
お願いします!
| タコ | 2008/05/11 10:59 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1089
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links