<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラ | main | 東京で千朝落語を聴く会 >>
# 金曜だけ開くレストラン
そろそろ春がやってくるかしらと思いはじめたころ、「金曜だけレストランを開きます。ぜひどうぞ」とご招待をいただいた。

この金曜の夜だけ開くお店、ふだんはおしゃれな料理教室として使われている。金曜だけ会員制のレストランとなるのだが、お料理教室に通う生徒さん同士、また生徒さんが友人を誘って使うことが多いのだろう。女性だらけだなあとぐるりと見渡したら、男性発見。あ、K山K堂さん(イニシャル無意味?)ではないか!

この日、ごちそうになった春のおまかせコースの内容をご紹介。

《かき》コンフィ
《筍》あさりのスープフラン
《白魚》フリット
《帆立貝》コンソメスープ仕立て
玄米茶
《牛ロース肉》ローストビ−フ レフォールソース
《春菊》粒マスタードソース
《まぐろ》メリメロ丼
ほうじ茶
パンナコッタ和製アングレーズソース
キャラメルタルト&バナナシェイク
アッサムミントティ−

旬の味覚を手をかけすぎず、シンプルに調理した皿が続く。見た目もおしゃれなのだが、過度過ぎず、家庭で再現するのも難しくないだろう。ふだん手料理など作らないあたしでも「これはいいアイデアですね」「どうやって作るのかな?」と呟きつつ食べていたのだが、同行の女性は既婚にも関わらず、きっとあたしの方がまだ料理のセンスのあるような感じなので(女性の中で底辺の争い!)「うーん」と言ったきり、話は広がらない。しかし、ひとつひとつの分量も、見た目も、シンプルさとヘルシーさも、たいへん女性好みだ。料理と料理の間に玄米茶やほうじ茶を出してくれるあたりも心憎いと思った。

シャンパンとワインまでごちそうになり、ありがとうございました。通常、こちらのコースで10000円(税サービス料別)。一応、限られた人しか行けないようなのですが、ご興味のある方はご連絡くださいませ。営業時間は18:30〜22:00(L.O.19:30)。

ふだんの教室には女子アナやタレントも通っており、生徒にはお嬢様風の上品な女性が多い。「行こうかなー」と思い、教室案内を見ると、ベーシックな講座名が“愛される料理”というような名前だった。ああ、なんだかあたしには似合わないかも……。愛されたいんだけどなあ。この壁を突き破ってみようかどうしようか。宙ぶらりんのまま、今に至る。男の料理教室に行きたい!
| comments(2) | trackbacks(0) | 18:23 | category: 喰らいネタ |
# スポンサーサイト
| - | - | 18:23 | category: - |
コメント
三河島から会員制レストランまで、なんという幅の広さ!
いつも思うことなんですがタコさんは一体何者なのでしょうか?(笑)

私はもっぱら煙いか油っぽい食べものばかりなので(これで満足といえば満足ですが)羨ましい限りです。特に「過度過ぎず」という文句に惹かれました。




| タカサレ | 2008/05/06 11:05 PM |

>タカサレさま

>一体何者

お、仕返しですね?(笑)
あたしも「何が食べたい?」と聞かれたら
「唐揚げ」(立石のヤツが理想型)とか「カツオ」とか「生魚」とか「生肉」としか答えない人間なのですが、
たまにこういうのを食べると、いいなあと思います。

この後、食べ物に限っていえば、我がタコ壺は高級路線が続くかもしれないのですが、実は先ほどタカサレさんの過去ログを読みまくってまして、その豊かな食生活や食に対する愛情の深さに改めて感銘を受けていました。

それに比べて、あたし。…と書き始めると、長い反省文が続くので次回に回しますが、最近、いろいろ考えます。外食のことを。
| タコ | 2008/05/06 11:26 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1082
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links