<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 春の18きっぷ | main | 物語を語り出す1本の電話 >>
# ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団
小さい頃にテレビで見たタイランドのウルトラマンが忘れられず、時折、弟と「あれは何だったんだろう」と話すことがあった。覚えているのはタイの仏像のようなものが正面を向いたまま卍型に水平飛行していく姿と、「コチャー!コチャー!」というような哀しそうな声。でもウルトラマンの番組だったのだ。

インターネットというものがあるので「タイ ウルトラマン」で検索し、ようやく「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」という番組だったことを知った。“コチャ”は“コチャン”だったことをほぼ30年ぶりに知った。
wikipediaによるとストーリーはこんな感じ。
仏像泥棒に殺害されたコチャン少年がウルトラの母の手によって白猿ハヌマーンとして甦り、ウルトラ兄弟(ゾフィーからウルトラマンタロウまでの6人)と共にタイ王国に出現した怪獣軍団と戦う。

主役はインドの神話に登場する神ハヌマーンであり、ウルトラ兄弟はどちらかというと脇役といった登場の仕方である。巨大化したハヌマーンが仏像を盗んだ強盗を追いかけ「仏様を大事にしない奴は死ぬべきなんだ!」と握り潰したり、水不足を解決するために接近する太陽にハヌマーンが直談判して遠ざけたり、「卍」のポーズで飛行するハヌマーンなど、タイの文化を下地にして作られている作品である。


あのハヌマーンの飛行シーンは子どもながらにそのチープさに笑った。よく考えたらシュワッチなウルトラマンの飛行もかっこいいものではないのだが、卍型のまま横にすーっと移動していくのはシュールだった。今思えば、仏教の極楽浄土図なんかに出て来る仏様もそうやって移動するのだろうなあとは思うのだが。実写版の極楽浄土図なんてやってみたら、あまりのシュールさにいいもんが作れるかもしれない(ただしショートフィルム)。

海外特撮モノは結構いいもんが揃っているのかもしれないが、あまりそこにフォーカスして何かを見るようなことはない。偶然見た中でよかったものはウズベキスタン映画の「UFO少年アブドラジャン」。ピアノ線がはっきり見えて、どう考えても鍋にしか見えないUFO。これはもう10年近く前にクーシュカとメグと見たのだが、ほのぼのとした笑いが多いいい映画だったなあ。

あと、同じく10年くらい前にNHKで放送されていたインドの大河ドラマ(クリシュナとか出て来たから「マハーバーラタ」だったような気がしている)が何だったのか知りたい。DVDがあるならもう1度みたい。あれも毎晩、ゲラゲラ笑いながら見ていたのだが、ほかの特撮ものが霞むくらい壮大なスケールだった印象があるのだ。そのダイナミズムを再び味わいたくて、あたしは「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」を読むに至ったのだが、読んでも読んでも、あの映像の衝撃には敵わない。なんだったんだ、ほんとに。
| comments(3) | trackbacks(0) | 01:29 | category: 国際事情… |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:29 | category: - |
コメント
あれは因縁の映画で円谷が経営危機のときにタイの会社に救ってもらったんですよ。その時の作品でなんですが、そのときに海外のウルトラマンに関する権利をあげちゃったんですね。

確かまだ裁判やってると思うけど、そのせいでウルトラマンの海外展開ができないですよ、円谷。

それはさておき、ハヌマーンはカッコいいよね。
| 赤枕十庵 | 2008/04/09 2:32 AM |

「コチャン、死んじゃやだ」(でしたっけ?)
こりゃまた、懐かしいところをついてきましたねー。
実は私のあだ名は、この番組が関係しているんです。
なので、今でもよく(でもないですが)覚えています。

というわけで?18切符ネタにコメントしようとしていたのですが、ついこちらに書き込んでしまいました。
| タカサレ | 2008/04/09 2:53 AM |

>十庵さん

しばらく前、新聞で円谷プロの著作権の話を見たんですが、それがこれをつくった会社なんですね。いろいろ勝手にグッズをつくったり亜流シリーズをつくっているとか。
日本の裁判では円谷が負けて、タイでは勝った。レアな判決のケースと読んだ気がします。
この映画から始まったのかと思うと感慨深いなあ。

>ハヌマーンはカッコいいよね。

神様だからか、子どもながらにウルトラマンよりも神々しく強そうな印象があったなあ。
このスーパーっぷりへの憧れが、「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」に通じるのかも。もっともダメな神も多く、それも楽しいわけですが。

>タカサレさん

あだ名って“タカサレ”さんではないですよね?
コチャンでしょうか?こーちゃん?
なんだか悲愴な叫びが耳の奥に残ってるんだけど、まったく内容を覚えてない。また見たいなあ。
関係ないけど、10年前にタイのコ・チャンに行きました。チャン島です。

18切符ネタ、なんだろう。コメントくださーい。

| タコ | 2008/04/09 9:08 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1065
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links