<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 焼き鳥@神楽坂と宮崎料理@渋谷 | main | 好みのタイプを聞く不毛さ加減 >>
# 喜美松@浅草でモツラーの集い
正月、友人と浅草で会う予定が流れたのだが、その時、行きたいなあと思ったお店があり、新年にayanoちゃんにメールしたら、さっそく行こうと言ってくれた。そのメールのやりとりと同時並行にメールのやりとりをしていたクーシュカも交えて、行って来た。浅草と行っても、浅草四丁目。ひさご通りよりも先で、千束通りからちょっと入ったあたり。駅からは結構あり、徒歩15分くらいだろうか。もっとか?初めて行く店なのに地図を忘れ、それでも真っすぐ着いた自分はエラいと思う。

行ったお店は「喜美松」。あたしに刺さったのはモツ刺しが多いという情報だ。いろんな部位が10種以上。なかなか普通の居酒屋で食べられない部位も多く(主に局部ってやつだ)、しかし、見た目は普通のちょっとばかり上品な居酒屋である。浅草モツ系といえば、小汚いイメージを持っていたのだが、ここはちょっと違う。モツも全体的に上品な味付けである。たいへん美味しい。難なのは土日祝がお休みというところかなあ。職場の近くにあったら、ヘビロテ間違いないだろう。

予約は19時スタートまでしか取らないということで、19時に予約したのだが、その時間は満杯。21時前後には席が空いていたので、スタートが遅めなら意外にすんなり入れるかもなあと思う。予約段階からお店の方にとても丁寧な対応をしていただいたのだが、実際に行ってもその通りで、とくにご主人がチャーミングである。混雑時はお料理が出て来るのが遅く(その旨、店内に張り紙もある)酒ばかり進んでしまったが、帰り際には本当に気持ちよく幸せな気分で店を出た。

初詣をいまだ済ませていないあたしは、浅草寺に立ち寄り扉の閉まった本堂前のお賽銭箱に小銭を投げ入れて手を合わせた。まあ、あたしの願いごとは毎度決まっていて、四字熟語2ワードなので、すぐ終わる。ふと見れば、あたしの両脇にいるayanoちゃんとクーシュカはまだ手を合わせていた。この2人、どんだけ強欲なのか……と思った。うそ。

この日は電池の切れかけたヘボケータイしかなかったので、それぞれの料理の写真はayanoちゃんのエントリを待つのだ。


刺し盛り。レバ、ガツ、キャン玉、子袋など。嫁入り前の生娘に部位の説明はさせないでください。


オヤジダンゴ。普通のつくねに枝豆、ニンニク、ショウガなど、オヤジ好みの具材を加えたからオヤジダンゴ。たぶん。


忘れた。あとで。


ハツのあらい。


忘れた。あとで。
| comments(4) | trackbacks(1) | 03:02 | category: 喰らいネタ |
# スポンサーサイト
| - | - | 03:02 | category: - |
コメント
あああああぁぁぁ、モツ刺しだ!
確かにスルドク脳に刺さるなあ。
刺さるどころか、鋭角的にえぐられているよーだ。

ああ、生モツ喰いたい。
| アリーマ | 2008/01/13 6:27 PM |

>アリーマさん

ayanoちゃんとの会合はなぜか毎年、
ホルモンに始まりホルモンに終わっています。
“なぜか”というのは自明ですが。
写真が悪くてスミマセン。

もう“ナマゾーモツ”という響きだけでイケる
パブロフの犬状態です……。
自分の臓物が豚・牛・鳥にのっとられるまで、
ヤツらの臓物を喰ってやるのだ!負けねえ!


| タコ | 2008/01/14 1:31 AM |

モツスキー族、ですね。

ところで告白すると「ハツのあらい」が何故か一瞬「パンツのあらい」に見えてしまいました。
| アリーマ | 2008/01/14 5:54 PM |

>アリーマさん

そうそう、モツラーでなくモツスキーですね。

>何故か一瞬「パンツのあらい」

んなもん、食べたくないですね……。
で“何故か一瞬”にも、必ずそう見えてしまった原因があると思うのですよ。深いカウンセリングはしませんが。

あと、羊残念です…また是非何かで。

| タコ | 2008/01/14 10:32 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1005
トラックバック
[食]浅草「喜美松」のモツ刺しは魚の刺身よりもあっさりしていた
普段あまりモツ類を食べる機会がないのだが、たまに「食べたいよーーーー」と思うことがある。そんなときなぜか声をかけるのはいつも決まってタコ嬢。私とタコ嬢はここ数年、一年に何回か夕飯や飲み会を共にしているのだが、一年の最初と最後はいつも決まってモツ関係
| ayanolog はてな館 | 2008/01/22 10:44 AM |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links